ジョコビッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ジョコビッチの意味・解説 

ノバク・ジョコビッチ

(ジョコビッチ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 15:33 UTC 版)

ノバク・ジョコビッチNovak Đoković, セルビア語:  Новак Ђоковић, 1987年5月22日 - )は、セルビアベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス88勝、ダブルス1勝。身長188cm、体重77kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。愛称はノール(Nole)[1]BIG4の1人。


  1. ^ Paul Macpherson (2007年9月10日). “Djoker In The Pack Holds All The Aces” (英語). ATP. 2012年1月24日閲覧。 Novak Djokovic wows US Open crowd with a win – and a McEnroe impression” (英語). ガーディアン (2009年9月8日). 2012年1月24日閲覧。 Novak Djokovic Impersonations” (英語). スポーツ・イラストレイテッド (2010年6月23日). 2012年1月24日閲覧。 ウィンブルドン初制覇のジョコビッチが凱旋” (日本語). フランス通信 (2011年7月5日). 2012年1月24日閲覧。
  2. ^ Novak Djokovic Extends 'Big Titles' Lead With Rome Victory”. ATP Tour. 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ FedEx ATP Rankings - #1s”. ATPTour.com. ATP Tour. 2021年11月8日閲覧。
  4. ^ 2022年5月16日現在[3]
  5. ^ Novak Djokovic - Rankings History”. ATPTour.com. ATP Tour. 2021年11月8日閲覧。
  6. ^ FedEx ATP Rankings - #1s”. ATPTour.com. ATP Tour. 2021年11月8日閲覧。
  7. ^ ジョコビッチ ツォンガを破り全豪初制覇”. AFPBB (2008年1月28日). 2020年9月4日閲覧。
  8. ^ ノバク・ジョコビッチ選手とのグローバル ブランド アンバサダー契約締結の舞台裏~(新潮社)「考える人」2012年秋号~ ユニクロプレスリリース 2012年10月3日付
  9. ^ a b c 鉄壁のジョコビッチが全豪5度目V オフ中の周到な準備が実を結ぶ
  10. ^ 世界1位の貫禄、ジョコビッチが5度目の全豪オープン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  11. ^ ジョコビッチがフェデラー下し連覇、BNPパリバ・オープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  12. ^ ジョコビッチがマレーを撃破し5度目のタイトル獲得、マイアミ・オープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  13. ^ ジョコビッチが2度目の優勝、マスターズ1000で開幕3連勝 モンテカルロ・マスターズ”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  14. ^ ジョコビッチ、フェデラー破り4度目の戴冠 イタリア国際”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  15. ^ ワウリンカが全仏オープン初優勝!ジョコビッチは再び夢破れる”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  16. ^ ジョコビッチ、フェデラー下し3度目のウィンブルドン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  17. ^ フェデラーが7度目の戴冠、ジョコビッチは5度目の準優勝 W&Sオープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  18. ^ ジョコビッチ、フェデラー下し4年ぶり2度目の全米オープン制覇!” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  19. ^ テニス=年間1位確定のジョコビッチ、マッケンローの記録目前
  20. ^ 止まらないジョコビッチ、ツォンガに快勝で3度目の上海マスターズ制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  21. ^ ジョコビッチがパリ大会制覇、1季でマスターズ6勝の快挙!” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  22. ^ ジョコビッチ、史上初のATPツアー・ファイナル4連覇!”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  23. ^ “ジョコ 観客から指摘される”. tennis365.net. (2016年1月24日). http://news.tennis365.net/news/today/201601/108030.html 
  24. ^ ジョコビッチ、大会最多タイ6度目の全豪オープン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  25. ^ ジョコビッチが通算700勝を達成!ツアー歴代12位
  26. ^ “【男子テニス】「こんなひどいのは初めて」 ジョコビッチ、目の病気で棄権 連続決勝は17で途切れる”. 産経ニュース. (2016年2月26日). http://www.sankei.com/sports/news/160226/spo1602260005-n1.html 
  27. ^ ジョコビッチがラオニッチに完勝し3連覇、BNPパリバOP”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  28. ^ “ジョコ「男子へ多くの賞金を」”. tennis365.net. (2016年3月22日). http://news.tennis365.net/news/today/201603/108857.html 
  29. ^ “ジョコビッチ、男女の賞金に関する発言を謝罪”. AFPBB News. (2016年3月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3081275 
  30. ^ ジョコビッチが錦織に完勝、6度目Vと偉業を達成 マイアミOP” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  31. ^ ジョコビッチ、マドリードOP制しマスターズ歴代最多V”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  32. ^ ジョコビッチ、念願の全仏優勝でキャリアGS達成!”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  33. ^ FRENCH OPEN: Djokovic eyes Nole Slam; Serena bids for No. 22”. Associated Press (2016年6月5日). 2016年6月13日閲覧。
  34. ^ Avec le "Nole Slam", Novak Djokovic signe une vraie page d'histoire”. Eurosport (2016年6月5日). 2016年6月13日閲覧。
  35. ^ “ジョコビッチ、史上初の通算獲得賞金1億ドル! 全仏オープン”. AFPBB News. (2016年6月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/3089078 
  36. ^ Novak Djokovic upset by American Sam Querrey at Wimbledon”. USA Today (2016年7月2日). 2016年7月2日閲覧。
  37. ^ ジョコビッチがロジャーズ・カップ優勝、錦織はマスターズ初制覇ならず”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  38. ^ ジョコビッチが涙の初戦敗退、またもデルポトロに屈する” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  39. ^ 3度目の全米制覇逃したジョコビッチ 「平常心を失った」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  40. ^ 世界1位陥落危機のジョコビッチ「ランキングが最優先ではない」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  41. ^ 激動の一年終えたジョコビッチ「不変なものはない」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  42. ^ ジョコビッチ、肘のけがで今季終了 数か月ラケットなしの生活へ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  43. ^ 元世界1位のジョコビッチ、10年以上ぶりにトップ10陥落へ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  44. ^ ジョコビッチ、全仏OPでアガシ氏とタッグ結成 長期契約は未定” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  45. ^ ジョコビッチがトレーニングチームを解散、「トップへ返り咲く道を模索する」” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  46. ^ “鄭現「信じられない」ジョコビッチ破り韓国勢初8強”. 日刊スポーツ. (2018年1月22日). https://www.nikkansports.com/m/sports/news/201801220000655_m.html?mode=all 2018年1月23日閲覧。 
  47. ^ ジョコビッチが3年ぶり4度目のウィンブルドン制覇、GS通算13勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  48. ^ ジョコビッチが3度目の全米制覇、サンプラス氏に並ぶGS14勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  49. ^ ジョコビッチが3度目の全米制覇、サンプラス氏に並ぶGS14勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  50. ^ 「ニュー」ジョコビッチが4回目の上海マスターズ優勝、世界1位に急接近” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  51. ^ 「最高」の出来でナダル粉砕 ジョコビッチ、全豪7度目Vに声詰まらす”. www.afpbb.com. 2019年4月23日閲覧。
  52. ^ ジョコが年間最優秀選手に、大坂は躍進賞で日本人初選出 ローレウス賞”. www.afpbb.com. 2019年4月23日閲覧。
  53. ^ ジョコビッチがマドリードOP優勝、全仏前に復調「大きな自信になる」”. www.afpbb.com. 2019年6月8日閲覧。
  54. ^ 「ロジャー」の声援を「ノバク」に変えて―鋼の精神持つジョコビッチ”. www.afpbb.com. 2019年7月15日閲覧。
  55. ^ テニス、ジョコビッチが初出場V 楽天ジャパン・オープン最終日”. 共同通信. 2019年10月6日閲覧。
  56. ^ ジョコビッチが5度目のパリ・マスターズ制覇 「この上なくうれしい」”. www.afpbb.com. 2019年11月16日閲覧。
  57. ^ ジョコ大活躍 セルビアが優勝”. news.tennis365.net. 2020年1月12日閲覧。
  58. ^ ジョコビッチ全豪連覇「負けたかも」逆転4時間死闘”. nikkansports.com. 2020年2月2日閲覧。
  59. ^ ジョコビッチ主催の「アドリア・ツアー」が観客4000人を迎えて開幕”. tennismagazine.jp. 2020年6月19日閲覧。
  60. ^ ジョコビッチ主催「アドリア・ツアー」の残りは中止に”. tennismagazine.jp (2020年6月24日). 2020年9月4日閲覧。
  61. ^ 新型コロナで評判を落とすジョコ、再開目指すテニス界にも激震”. afpbb.com. AFP (2020年6月25日). 2020年9月4日閲覧。
  62. ^ ジョコビッチが「ダブルゴールデンマスターズ」の偉業を達成、今季無敗のままUSオープンへ”. tennismagazine.jp. 2020年8月30日閲覧。
  63. ^ Novak Djokovic apologizes after defaulting US Open match for hitting line umpire with ball”. ABC News. 06-09-2020閲覧。
  64. ^ Djokovic Makes Masters 1000 History, Clinches Fifth Rome Crown”. 2020年9月22日閲覧。
  65. ^ Djokovic Passes Sampras With 287th Week At No. 1 In FedEx ATP Rankings”. 2020年9月22日閲覧。
  66. ^ ジョコビッチが6度目の年末1位に!サンプラスの記録に並ぶ”. テニスデイリー. 2020年11月22日閲覧。
  67. ^ 重傷だったジョコビッチ、“怪我疑惑”に胸中「時に少し不公平だと感じることはある」”. THE ANSWER. 2021年2月22日閲覧。
  68. ^ V9のジョコビッチ、激動の全豪OPは「最も過酷だった」”. www.afpbb.com. 2021年2月22日閲覧。
  69. ^ 約6年間世界1位!新記録達成のジョコビッチの軌跡を振り返る”. テニスデイリー. 2021年3月15日閲覧。
  70. ^ ジョコビッチ、故郷ベオグラードで優勝 全仏OPに弾み”. AFP. 2021年6月15日閲覧。
  71. ^ ジョコビッチ「最高の試合」ナダルとの大一番制し全仏OP決勝へ”. AFP. 2021年6月15日閲覧。
  72. ^ ジョコビッチ、19回目の四大大会V 劇的逆転で全仏OP制す”. AFP. 2021年6月15日閲覧。
  73. ^ “ジョコビッチ五輪メダル獲得ならず、怒り募らせラケット破壊”. AFPBB News. AFP. (2021年7月31日). https://www.afpbb.com/articles/-/3359484 2021年9月1日閲覧。 
  74. ^ テニス混合ダブルス ジョコビッチ けがで棄権 豪ペア銅メダル”. NHKニュース. NHK (2021年7月31日). 2021年9月1日閲覧。
  75. ^ 涙のジョコビッチ、年間GS逃すも「ホッとした」 声援にも感謝”. www.afpbb.com. 2021年11月23日閲覧。
  76. ^ ジョコビッチ、最多7度目の年間1位 憧れのサンプラス氏超え”. www.afpbb.com. 2021年11月23日閲覧。
  77. ^ ジョコビッチ、ATPカップ欠場 全豪OP出場に暗雲”. AFP. 2022年1月16日閲覧。
  78. ^ 豪政府、反ワクチン助長懸念 ジョコビッチ処遇16日に判断”. 共同通信. 2022年1月16日閲覧。
  79. ^ ジョコビッチ ビザ取り消し撤回認められず オーストラリア出国”. NHKニュース. 2022年1月16日閲覧。
  80. ^ ジョコビッチ敗退、世界1位陥落 ドバイ選手権/テニス”. サンスポ. 2022年7月18日閲覧。
  81. ^ 「ツアーでこれだけ勝てるなんて」ジョコビッチがツアー通算1000勝! ルードを下し4年連続12度目の決勝進出”. tennisclassic.jp. 2022年5月21日閲覧。
  82. ^ “テニスのウィンブルドン、ロシアとベラルーシ選手の出場を禁止”. BBCニュース. (2022年4月21日). https://www.bbc.com/japanese/61173239 2022年4月22日閲覧。 
  83. ^ ジョコビッチ、ポイントなしでもウィンブルドンに「出場するつもり」4分以上熱弁”. スポーツ報知. 2022年7月18日閲覧。
  84. ^ ジョコビッチ、7度目のウィンブルドン制覇 GS通算21勝目”. www.afpbb.com. 2022年7月18日閲覧。
  85. ^ a b Djole's Frames of Mind”. 2009年3月3日閲覧。
  86. ^ “Novak Djokovic's Drop Shot”. tennis.com. (2009年7月16日). http://www.tennis.com/your-game/2009/07/novak-djokovics-drop-shot/17298/ 
  87. ^ {{Bowers, Chris (2017). Novak Djokovic – The Biography. Kings Road Publishing. ISBN 978-1-78606-550-6.}}
  88. ^ 3年ぶりの「ファストフード」、ジョコビッチが今回もウィンブルドンの芝をパクリ”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  89. ^ 【アスリートの原点】ノバク・ジョコビッチ:空爆の恐怖に怯えながらも失わなかったテニスへの情熱”. オリンピックチャンネル. 2022年2月13日閲覧。
  90. ^ ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版”. 扶桑社. 2022年2月13日閲覧。
  91. ^ Nast, Condé. “ゆるっとグルテンフリー生活、8年の軌跡。【実録! 私のカラダ改革〜Sさん編 Vol.1】”. Vogue Japan. 2022年2月12日閲覧。
  92. ^ Novak Djokovic Foundation raises $1,400,000 for children at inaugural benefit dinner”. Novak Djokovic. 2019年1月15日閲覧。
  93. ^ World Bank, Novak Djokovic Foundation Partner to Promote Early Childhood Development in Serbia and Globally”. World Bank. 2019年1月15日閲覧。
  94. ^ ジョコビッチがユニセフ親善大使に就任”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  95. ^ ジョコビッチ、長年の恋人と挙式”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  96. ^ ジョコビッチが2児のパパに、妻エレナさんが女児出産 地元紙報じる”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  97. ^ 全豪オープン出場中のジョコビッチがギターセッション?”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  98. ^ Couldn’t stand the slaughter of animals: Djokovic reveals why he's a vegan”. 20220713閲覧。
  99. ^ 新型コロナウイルスの感染拡大によって中止となった2020年大会を挟んだ上での記録達成
  100. ^ グランドスラム、ツアーファイナル、マスターズ1000


「ノバク・ジョコビッチ」の続きの解説一覧

「ジョコビッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジョコビッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジョコビッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノバク・ジョコビッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS