積丹竹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 積丹竹の意味・解説 

積丹竹

学名:S. palmata subsp. neblosa
和名:シャコタンチク

備考(別名・通称など):ラオダケチマキザサの稈に茶褐色斑点がある。

しゃこたんちく (積丹竹)

Sasa palmata ssp. nebulosa

Sasa palmata ssp. nebulosa

Sasa palmata ssp. nebulosa

わが国各地分布する「チマキザサ」の亜種で、北海道原産ようです。桿は直径センチ、高さは2メートルほどで、茶褐色斑点があるのが特徴です。桿が肉厚なことから、むかしは煙管ラオ羅宇)や毛筆の軸に使われました。大阪府高槻市北部田地区にも生育地あります
イネ科ササ属の常緑タケ類で、学名Sasa palmata ssp. nebulosa。英名はありません
イネのほかの用語一覧
ササ:  御殿場笹  日光笹  樫田笹  積丹竹  粽笹  都笹  隈笹



積丹竹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

積丹竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



積丹竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2022. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS