隈笹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 隈笹の意味・解説 

くまざさ【隈笹】


くま‐ざさ【××笹/熊×笹】

イネ科植物山地自生幅の広い楕円形で、冬に縁が枯れ白色にくま取られる。

[補説] 書名別項。→隈笹


隈笹

読み方:クマザサ(kumazasa)

ササ一種熊笹とも


隈笹

学名:S. veitchii
和名:クマザサ

備考(別名・通称など):チュウゴクザサより隈取りがきれい。

クマザサ(隈笹)

Sasa Veitchii

ササの代表種。初秋まで全緑

ですが、寒さが加わってくると、

縁が白く枯れ、隈が顕著現れる

名前の由来は、「熊」ではなく歌舞

伎のお化粧の「隈どり」に由来する。

美しく隈どらせるには、半日陰の風

当りの弱い場所で栽培すると良い

クマザサは、チュウゴクザサ園芸

品種考えられるが、一般に

大きいものはすべてクマザサ熊笹

呼ばれる場合が多い。

新緑のクマザサ

新緑から初秋までの状態(2001/6/20)

隈どったクマザサ

隈どりの入ったクマザサ(2001/11/1)


くまざさ (隈笹)

Sasa veitchii

Sasa veitchii

Sasa veitchii

Sasa veitchii

京都市北部原産だといわれています。今では各地栽培され、日本庭園欠かせないものとなっています。桿は高さ1メートルほどになり、まばらに分枝します。は広い長楕円形で、両面とも無毛です。名前は、冬になると周り白く隈取られることから。殺菌防腐作用があるため、薬用にも用いられます。
イネ科ササ属のササ類で、学名Sasa veitchii。英名はありません。
イネのほかの用語一覧
ササ:  積丹竹  粽笹  都笹  隈笹  雲仙笹
ササクサ:  笹草
シバ:  

隈笹

読み方:クマザサ(kumazasa)

イネ科常緑竹、園芸植物薬用植物

学名 Sasa veitchii


隈笹

読み方:クマザサ(kumazasa)

作者 渡辺水巴

初出 昭和10年

ジャンル 句集


クマザサ

(隈笹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 14:08 UTC 版)

クマザサ(隈笹、山白竹、学名Sasa veitchii)は、イネ科ササ属の植物の1種。ただし、山地に生育する、大型のササ類一般を指す場合も多い。


  1. ^ クマザサ(2007/04/03) - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所


「クマザサ」の続きの解説一覧



隈笹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隈笹」の関連用語

1
50% |||||

2
36% |||||


4
16% |||||

5
10% |||||

6
6% |||||

7
6% |||||

8
4% |||||

隈笹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隈笹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクマザサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS