ロゼワインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > ワイン > ロゼワインの意味・解説 

ロゼワイン

赤ワインと同様、葡萄果汁いっしょ果皮種子一緒に発酵させ、ちょうど液体ロゼ色になったところで、圧搾機にかけて果皮種子をとり除き、果汁発酵続けてつくります。甘口辛口ともにあります
なお、赤ワイン白ワインブレンドする方法あります

ロゼワイン(ろぜわいん)

黒系ブドウを用い、赤ワイン同様に果皮種子一緒に仕込み目標とする色調になった時点でこれらを除きさらに発酵させたワイン。このほか、黒系ブドウと白系ブドウを混ぜて使う製法赤ワイン白ワイン調合する製法がある。色調橙色から赤色ピンク色多様である。

ロゼワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/17 21:35 UTC 版)

ロゼワイン: vin rosé バン・ロゼ)は、ピンク色ワインのことである。ロゼはフランス語で「バラ色」の意味で、少しオレンジがかった濃いピンクを指す。ロゼワインには「玉ねぎの皮のような」と表現される明るい色から淡い朱、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いのものがある。ごく淡いピンクのワインは、英語で blush と呼ばれることもある。






「ロゼワイン」の続きの解説一覧



ロゼワインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロゼワイン」の関連用語

ロゼワインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロゼワインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2019 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロゼワイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS