線維化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 線維 > 線維化の意味・解説 

線維化 ( fibroblast )

内臓などの組織構成している結合組織呼ばれる部分異常増殖する現象のこと。たとえば、心筋に線維化が生じたときには心臓の働きに異常が起き、呼吸困難心悸亢進動悸)などの症状が出ます。また関節リウマチにおける骨の萎縮変性肝臓全体の線維化を示す肝硬変病態なども、結合組織が線維化した例としてよく知られています。

線維化、繊維症


線維化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 07:31 UTC 版)

線維化(せんいか、: filamentation、フィラメンテーション)は、フィラメント形成: filament formation)とも呼ばれ、大腸菌などの特定の細菌の異常な増殖のことで、細胞は伸長し続けるが分裂はしない状態である(セプタム英語版が形成されない)。分裂せずに伸長した細胞は、複数の染色体コピーを持っている[1]抗生物質やその他のストレス因子が存在しない場合、フィラメント形成は細菌集団では低頻度で発生するが(1~8時間培養の場合、短いフィラメントは4~8%、長いフィラメントは0~5%)[2]、細胞長の伸長は細胞の摂取をより困難にすることにより、原生動物による捕食好中球食作用から細菌を保護する[1][2][3][4]。フィラメント形成はまた、抗生物質から細菌を保護すると考えられている病原性因子でもあり、バイオフィルム形成などの細菌の病原性の他の側面に関連している[5][6]。細菌が様々な化学的および物理的な薬剤(例えば、DNA合成阻害抗生物質、紫外線)で処理されると、細菌集団内のフィラメントの数と長さが増加する[2]大腸菌のフィラメント形成に関与する主要な遺伝子には、SulAminCDがある[7]


  1. ^ a b “Filamentous Escherichia coli cells swimming in tapered microcapillaries”. Research in Microbiology 165 (3): 166–74. (April 2014). doi:10.1016/j.resmic.2014.01.007. PMID 24566556. 
  2. ^ a b c d e f g h i “Morphological and ultrastructural changes in bacterial cells as an indicator of antibacterial mechanism of action”. Cellular and Molecular Life Sciences 73 (23): 4471–4492. (December 2016). doi:10.1007/s00018-016-2302-2. PMID 27392605. https://zenodo.org/record/883501. 
  3. ^ “Grazing Pressure by a Bacterivorous Flagellate Reverses the Relative Abundance of Comamonas acidovorans PX54 and Vibrio Strain CB5 in Chemostat Cocultures”. Applied and Environmental Microbiology 64 (5): 1910–8. (May 1998). doi:10.1128/AEM.64.5.1910-1918.1998. PMC: 106250. PMID 9572971. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC106250/. 
  4. ^ “Bacterial filament formation, a defense mechanism against flagellate grazing, is growth rate controlled in bacteria of different phyla”. Applied and Environmental Microbiology 65 (1): 25–35. (January 1999). doi:10.1128/AEM.65.1.25-35.1999. PMC: 90978. PMID 9872755. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC90978/. 
  5. ^ “Morphological plasticity as a bacterial survival strategy”. Nature Reviews. Microbiology 6 (2): 162–8. (February 2008). doi:10.1038/nrmicro1820. PMID 18157153. 
  6. ^ “Role of filamentation in Galleria mellonella killing by Candida albicans”. Microbes and Infection 12 (6): 488–96. (June 2010). doi:10.1016/j.micinf.2010.03.001. PMC: 288367. PMID 20223293. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC288367/. 
  7. ^ a b “Cell division inhibitors SulA and MinCD prevent formation of the FtsZ ring”. Journal of Bacteriology 175 (4): 1118–25. (February 1993). doi:10.1128/jb.175.4.1118-1125.1993. PMC: 193028. PMID 8432706. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC193028/. 
  8. ^ “Distinct penicillin binding proteins involved in the division, elongation, and shape of Escherichia coli K12”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 72 (8): 2999–3003. (August 1975). Bibcode1975PNAS...72.2999S. doi:10.1073/pnas.72.8.2999. PMC: 432906. PMID 1103132. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC432906/. 
  9. ^ “Crystal structure of the SOS cell division inhibitor SulA and in complex with FtsZ”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100 (13): 7889–94. (June 2003). Bibcode2003PNAS..100.7889C. doi:10.1073/pnas.1330742100. PMC: 164683. PMID 12808143. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC164683/. 
  10. ^ “Antimicrobial peptide CRAMP (16-33) stalls bacterial cytokinesis by inhibiting FtsZ assembly”. Biochemistry 53 (41): 6426–9. (October 2014). doi:10.1021/bi501115p. PMID 25294259. 
  11. ^ “Evidence for a relationship between deoxyribonucleic acid metabolism and septum formation in Escherichia coli”. Journal of Bacteriology 95 (1): 123–31. (January 1968). doi:10.1128/JB.95.1.123-131.1968. PMC: 251980. PMID 4867214. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC251980/. 
  12. ^ “Studies of intracellular thymidine nucleotides. Thymineless death and the recovery after re-addition of thymine in Escherichia coli K 12”. European Journal of Biochemistry 60 (1): 57–66. (December 1975). doi:10.1111/j.1432-1033.1975.tb20975.x. PMID 1107038. 


「線維化」の続きの解説一覧



線維化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「線維化」の関連用語

線維化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



線維化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2021(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの線維化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS