天然ウランとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > ウラン > 天然ウランの意味・解説 

天然ウラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 22:14 UTC 版)

天然ウラン(てんねんウラン)は、広義では、自然界にあるウラン資源(ウラン鉱石海水に含まれるウランを含む)およびウラン同位体組成が自然界にあるウランと同一のものを指す。狭義では、ウラン金属およびその化合物酸化物フッ化物炭化物窒化物)を指す。濃縮ウランおよび劣化ウランとの対比で用いられる場合はこの狭義の意味で用いられる。


  1. ^ 経済産業省、資源エネルギー庁「エネルギー白書 2009年版」 2011年8月25日 閲覧
  2. ^ US EIA "Uranium Marketing Annual Report 2010" 2011年8月25日 閲覧
  3. ^ 『鳥取県大百科事典』p632-633


「天然ウラン」の続きの解説一覧



天然ウランと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天然ウラン」の関連用語

天然ウランのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天然ウランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ウラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS