糸目とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 糸目の意味・解説 

いと‐め【糸目】

細い糸。糸筋

凧(たこ)の表面につけて揚がりぐあいを調節する糸。

器物細く刻みつけた筋。「糸目模様

物事をつなげるもの。脈絡。「話の糸目をつなぐ」

糸歩(いとぶ)」に同じ。

柳の枝また、その芽立ち

青柳の―も見えず春ごとに春の錦を誰か織るらむ」〈躬恒集

江戸時代甲州金量目呼称。1両の64分の1。

ゴカイ科の環形動物浅海泥中にすむ。体長2030センチ。体の前部は緑褐色で、中央部紅色産卵期は1012月で、生殖型の個体は、ばち・うきこ・日本パロロなどとよばれる釣りの餌にする。


糸目

読み方:イトメ(itome)

江戸時代駿河国斤量量る呼称


糸目

読み方:イトメ(itome)

ゴカイ科の海産動物

学名 Tylorrhynchus heterochaetus



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「糸目」の関連用語

糸目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



糸目の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 Weblio RSS