すかんぽとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > すかんぽの意味・解説 

すかん ぽ [0] [2] 【〈酸模〉】

イタドリ,またはスイバ異名。すかんぽう。 [季] 春。

す し [1] 【酸模

酸味のあるシ(植物ギシギシ古名)の意味から〕

すかんぽ

んぽ酸模[名]植物1. スイバタデ科草本の一種。すかんぽ。〈高〉 2. カタバミ

すかんぽ

単語 発音 意味、用例 関連語
すかんぽ すかんぽ 【名】 田んぼの畦などに生え [辞書記載]

»仙台弁の発音についてはこちら

すかんぽ

大阪弁 訳語 解説
すかんぽ いたどりさじっぽ 野山生息するタデ仲間植物で、子供背丈程に成長し、ポキッと折れる若い食用となり、皮を剥いて食す


酸模

読み方:すかんぽ

  1. 〔花言〕愛情表象する意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「すかんぽ」の関連用語

すかんぽのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



すかんぽのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2020 by akaringo. All rights reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2020 konnok All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2020 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS