ツガとは? わかりやすく解説

つが【×栂】

読み方:つが

マツ科常緑高木福島県以南山地自生樹皮縦に裂けは短い針状で2列に並んで密生4月ごろ、雄花雌花とをつけ、球果下を向く。材は建築パルプ使われ樹皮からタンニンをとる。つがまつ。とが。

[補説] 「栂」は国字


ツガ

別名:トガ,
【英】:Tsuga sieboldii
(マツ科)


関東以南本州四国九州屋久島などに分布します。同属コメツガ:T.diversifoliaがあり、本州中部以北の亜高山地帯および僅かに四国九州分布します。モミとともに比較的低い処で、モミ・ツガ形づくってます。近年伐採わずかなので、木材として目も触れることは、非常に少ないいえます

木材
天然のツガの成長一般にゆっくりとしているため、年輪の幅が狭く製材品の材面は、いわゆる糸柾になっています関西では、ツガが、建築建具用材として好まれとのことです。ツガの木材カンナで削ると、材面に白い粉がみえることがあり、かっては、これが、鉱物質結晶のためとされていましたが、近年になって、フロコソイドという有機物質であることがわかりました古くから、ツガが鼠に噛られないといわれて来ているのも面白いことです。心材は、淡褐色で、やや色を帯び辺材はやや淡色です。年輪は、はっきりみえ、粗い肌目をもっています。気乾比重は0.45~0.50 (平均値)~0.60で、針葉樹材としては重硬です。保存性中庸で、乾燥容易に出来ます

用途
建築材包装車両パルプ材、枕木器具長押敷居鴨居などがあります。かつて、パルプ工業主として国産材使っていたころ、モミなどと一緒に原料として用いられました。これは、一般にはあまりツガを建築用材として使う習慣がなかったからで、そのころは、スギさかんに建築用として用いられいました。そのスギが、現在では大量に輸入される米国産のツガと厳しい競争をしているのはご承知のこでしょう


豆賀


津荷

読み方:ツガ(tsuga

所在 和歌山県東牟婁郡串本町


津賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 茨城県鹿嶋市


津賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 高知県高岡郡四万十町


笏賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 鳥取県東伯郡三朝町


都賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 栃木県下都賀郡藤岡町


都賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 千葉県千葉市若葉区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

都賀

読み方:ツガ(tsuga

所在 千葉県(JR総武本線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ツガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 03:39 UTC 版)

ツガ(栂、学名Tsuga sieboldii)は、マツ科ツガ属に分類される常緑性の針葉樹。別名をトガ[2]という。細かな葉が次々に展開していくことから「継ぐ」が展化してツガと命名された。一般家庭での植栽は稀であり、公園や神社の御神木などに使われる。


  1. ^ a b c d e Katsuki, T. & Luscombe, D (2010). "Tsuga sieboldii Carrière". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. (英語)
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Tsuga sieboldii Carrière” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2011年9月20日閲覧。


「ツガ」の続きの解説一覧

ツガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:34 UTC 版)

ポケットモンスターSPECIALの登場人物」の記事における「ツガ」の解説

クスノキ所長助手マグマ団ホカゲマグマッグ攻撃され、足に火傷を負う。

※この「ツガ」の解説は、「ポケットモンスターSPECIALの登場人物」の解説の一部です。
「ツガ」を含む「ポケットモンスターSPECIALの登場人物」の記事については、「ポケットモンスターSPECIALの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ツガ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ツガ」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ツガのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ツガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのポケットモンスターSPECIALの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS