低濃縮ウランとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > ウラン > 低濃縮ウランの意味・解説 

ていのうしゅく‐ウラン【低濃縮ウラン】

読み方:ていのうしゅくうらん

濃縮ウランのうち、ウラン235濃度20パーセント未満のもの。軽水炉では2〜4パーセント濃縮したものが使われるLEUlow enriched uranium)。


低濃縮ウラン燃料

(低濃縮ウラン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 14:26 UTC 版)

低濃縮ウラン燃料(ていのうしゅくウランねんりょう)とは、核分裂性ウランの割合を天然ウランよりも高めた核燃料のことで、濃縮度が20%未満のものを指す[1]




「低濃縮ウラン燃料」の続きの解説一覧



低濃縮ウランと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

低濃縮ウランのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



低濃縮ウランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの低濃縮ウラン燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS