パターノ・ビューチ反応とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > パターノ・ビューチ反応の意味・解説 

パターノ・ビューチ反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 10:05 UTC 版)

パターノ・ビューチ反応 (Paternò–Büchi reaction) はカルボニルアルケンから四員環のオキセタンを合成する光反応である。名称は、この反応の基礎を築いた2人の化学者、Emanuele Paternò と George Hermann Büchi に因んでいる[1][2]


  1. ^ E. Paterno, G. Chieffi (1909). “.”. Gazz. Chim. Ital. 39: 341. 
  2. ^ G. Büchi, Charles G. Inman, and E. S. Lipinsky (1954). “Light-catalyzed Organic Reactions. I. The Reaction of Carbonyl Compounds with 2-Methyl-2-butene in the Presence of Ultraviolet Light”. Journal of the American Chemical Society 76 (17): 4327–4331. doi:10.1021/ja01646a024. 
  3. ^ Thorsten Bach (1998). “Stereoselective Intermolecular [2 + 2]-Photocycloaddition Reactions and Their Application in Synthesis”. Synthesis 1998: 683–703. doi:10.1055/s-1998-2054. 


「パターノ・ビューチ反応」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パターノ・ビューチ反応」の関連用語

パターノ・ビューチ反応のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パターノ・ビューチ反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパターノ・ビューチ反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS