明神鳥居とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 鳥居 > 明神鳥居の意味・解説 

みょうじん‐とりい〔ミヤウジンとりゐ〕【明神鳥居】

鳥居形式の一。亀腹(かめばら)の上に立って内側傾き笠木(かさぎ)・島木両端が上に反り額束(がくづか)と(くさび)のあるもの。最も普通にみられ、木造では朱塗りのものが多い。

明神鳥居の画像

明神鳥居

伊勢鳥居鹿島鳥居春日鳥居八幡鳥居靖国鳥居などは、
みな直線式とでもいうような建立仕方であったに対し、
この明神鳥居は、笠木島木両端がそりあがっていて、
曲線美を表すように作られています。
そして両方の上部が中央多少とも入り込んで
建立されているところに特色を持つ鳥居です。
明神鳥居




明神鳥居と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明神鳥居」の関連用語

明神鳥居のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明神鳥居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
安斉管鉄安斉管鉄
Copyright (C) 2003-2021 Anzaikantetsu CO,LTD. All rights reserved.

©2021 Weblio RSS