享保14年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 享保14年の意味・解説 

享保14年 (つちのととり 己酉)

享保14年
年(年号)
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行
1719年 (享保4年) 相対済し令
1720年 (享保5年) 江戸大火
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置
1722年 (享保7年) 小石川病所設置
享保14年
1732年 (享保17年) 西日本蝗害
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定
1744年 (延享元年) 神田天文台設置


享保14年
林 鳳岡 1644年1732年(正保元年享保17年) 85
室 鳩巣 1658年1734年(万治元年享保19年) 71
尾形 乾山 1663年1743年(寛文3年寛保3年) 66
鳥居 清信 1664年1729年(寛文4年〜享保14年) 65
小川 笙船 1672年1760年(寛文12年宝暦10年) 57
大岡 忠相 1677年1751年(延宝5年宝暦元年) 52
太宰 春台 1680年1747年(延宝8年延享4年) 49
絵島 1681年1741年(天和元年寛保元年) 48
徳川 吉宗 1684年1751年(貞享元年宝暦元年) 45
神尾 春央 1687年1753年(貞享4年宝暦3年) 42
野呂 元丈 1693年1761年(元禄6年宝暦11年) 36
青木 昆陽 1698年1769年(元禄11年明和6年) 31
与謝 蕪村 1716年1783年(享保元年天明3年) 13
田沼 意次 1720年1788年(享保5年天明8年) 9才
山県 大弐 1725年1767年(享保10年明和4年) 4才
平賀 源内 1728年1779年(享保13年安永8年) 1才
紀伊国屋 文左衛門 ????年〜1734年(??年〜享保19年) ?才

享保14年(1729年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 22:30 UTC 版)

7月19日田中休愚が、支配勘定格となり武蔵国多摩郡埼玉郡の3万石地の支配担当する

※この「享保14年(1729年)」の解説は、「関東地方御用掛」の解説の一部です。» 「関東地方御用掛」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

享保14年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



享保14年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの関東地方御用掛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS