厚生年金保険とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 保険 > 厚生年金保険の意味・解説 

厚生年金保険 (こうせいねんきんほけん)

65未満民間サラリーマン船員JRNTTJT社員を含む)が、国民年金加えて加入しているのが厚生年金保険。通常、「2階建ての年金と言われる際、サラリーマン場合2階部分にあたるのはこの厚生年金保険。
株式会社有限会社といった法人はすべて強制適用となっている公的年金保険制度

厚生年金

(厚生年金保険 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/08 23:12 UTC 版)

厚生年金(こうせいねんきん、Welfare Pension Insurance、Employee’s Pension Insurance)とは、主として日本被用者が加入する所得比例型の公的年金であり、厚生年金保険法等に基づいて日本政府が運営する。


  1. ^ 国民年金と同趣旨の規定が厚生年金についても置かれている(年金額の改定、財政の均衡、財政の現況と見通しの作成、積立金の運用、年金原簿、年金請求手続き、併給調整、受給権の保護、給付制限等)。
  2. ^ 『厚生労働白書 平成28年度』 厚生労働省、2016年、資料編http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16-2/ 
  3. ^ 厚生労働省年金局「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」 2017年平成29年)3月
  4. ^ 厚生労働省年金局「平成25年度厚生年金・国民年金の収支決算の概要」 2014年(平成26年)8月
  5. ^ これは、船員保険独自で持っていた年金制度を1986年昭和61年)に厚生年金と統合したが、医療保険制度については引き続き船員保険独自の給付を行っているためである。
  6. ^ 2015年(平成27年)10月改正までは「1937年昭和12年)4月1日以前に生まれた者を除く。」とされていたが、改正後はこれらの者も在職老齢年金の対象となる。
  7. ^ 1941年昭和16年)4月2日以降に生まれた者については、新法施行日時点では第4種被保険者となることができたが、現在では1941年(昭和16年)4月1日以前生まれの者に限られる。
  8. ^ 被保険者期間が20年(15〜19年)に達した場合は、老齢年金の受給権が発生していなくても、被保険者資格を喪失する。
  9. ^ 従来は「被保険者資格喪失届」「70歳以上被用者該当届」が別々の様式だったが、平成30年3月5日以降は一枚の用紙で両方の届出ができるようになった。
  10. ^ a b c 平成26年度決算(年金特別会計 厚生年金勘定)”. 厚生労働省. 2015年9月1日閲覧。
  11. ^ 厚生年金保険料率の引上げが終了します厚生労働省
  12. ^ 産前産後休業期間の保険料の徴収の特例の適用を受ける被保険者は、育児休業期間中の保険料の徴収の特例の対象とされない。つまり、第1子に係る育児休業期間中に第2子の産前産後休業を開始した場合、第1子に係る育児休業期間中の保険料の徴収の特例は終了する。
  13. ^ 合意分割において事実婚期間が対象とされるためには、原則として国民年金第3号被保険者として認定されていることが必要である。
  14. ^ 夫が平均的な収入で40年間就業し、妻が専業主婦であるという世帯。
  15. ^ 平成16年 財政再計算版”. 厚生労働省 (2012年). 2013年11月7日閲覧。





厚生年金保険と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「厚生年金保険」の関連用語

厚生年金保険のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



厚生年金保険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2019 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの厚生年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS