技能照査とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 照査 > 技能照査の意味・解説 

技能照査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 14:39 UTC 版)

技能照査(ぎのうしょうさ)とは、公共職業訓練または認定職業訓練を受けている者に対して、受講している訓練内容に関する技能及びこれに関する知識を充分に取得したことを確認するために、公共職業能力開発施設の長または認定職業訓練を行う事業主等が実施する試験である。修了時試験とも呼ばれる。技能照査に合格すると、技能士補と呼ばれる称号が得られる。




  1. ^ 訓練科毎に定められている標準訓練時間以上の訓練によるもの。その他、労働大臣が定めるもの。
  2. ^ 訓練時間1600時間(中卒者等は3200時間)以上の訓練時間のもの。但し職業訓練法施行規則別表第三の訓練科は別に定める。


「技能照査」の続きの解説一覧



技能照査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「技能照査」の関連用語

技能照査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



技能照査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの技能照査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS