Veniceとは? わかりやすく解説

Venice


ヴェネツィア

(Venice から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 01:19 UTC 版)

ヴェネツィアイタリア語: Venezia ( 音声ファイル)[6])は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約250,000人の基礎自治体コムーネ)。ヴェネト州州都ヴェネツィア県県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。


  1. ^ Popolazione residente per età, sesso e stato civile al 1° gennaio 2022” (イタリア語). 国立統計研究所(ISTAT). 2022年11月7日閲覧。メニューでVista per singola areaを選択。Ripartizione:Nord-est, Regione:Veneto, Provincia:Venezia, Comune:Venezia を選択
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Venezia (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年11月2日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Venezia (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ Patriarchate of Venezia - Statistics” (英語). 2019年11月15日閲覧。
  5. ^ La Comunità islamica: «Vogliamo la moschea» (Il Gazzettino)”. 2019年11月15日閲覧。
  6. ^ /veˈnɛʦja/(IPA)
  7. ^ 英語での形容詞形"Venetian"はヴィニーシャンとヴェニーシャンの中間に近い発音だが、これの日本語表記は「ヴェネチアン」または「ベネチアン」となることが多く、また、綴りは異なるがイタリア語の影響から「ヴェネツィアン」と表記されることもある
  8. ^ a b c 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』(初版)日本実業出版社、2001年11月10日、174-175頁。ISBN 4-534-03315-X 
  9. ^ 地球ドラマチック「水の都ベネチア レスキュー大作戦!」(NHK Eテレ、2020年2月29日(土) 午後7:00~午後7:45(45分)放映):フランス2、2017年作成
  10. ^ 'An apocalypse happened': Venice counts cost of devastating floods (The Guardian, 2019年11月)
  11. ^ Flooded Venice battles new tidal surge (BBC, 2019年11月)
  12. ^ Tabella dei gradi/giorno dei Comuni italiani raggruppati per Regione e Provincia”. 新技術エネルギー環境局(ENEA) (2011年3月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  13. ^ classificazione sismica aggiornata al 31-marzo-2022-provincia (xls)”. https://rischi.protezionecivile.gov.it/it/sismico/attivita/classificazione-sismica. イタリア市民保護局. 2022年4月30日閲覧。
  14. ^ 伊ベネチア、戸外でコーヒー入れた観光客に罰金11万円 市外退去要請”. AFP (2019年7月20日). 2019年7月20日閲覧。


「ヴェネツィア」の続きの解説一覧

Venice(ヴェニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 03:34 UTC 版)

Athlon 64」の記事における「Venice(ヴェニス)」の解説

WinchesterSSE3命令追加されメモリコントローラ改良により、4バンク搭載時のDDR400動作可能になったもの。 尚、市場価格維持もしくは歩留りなどの都合により、Athlon64 X2Manchesterコア一方コア無効として、VeniceコアシングルコアAthlon64として販売されている場合があるリビジョンはDH-E4)。このような製品は、オリジナルのVeniceコア比較して消費電力小さかったり発熱が低く抑えられていると言われている。 リビジョン: DH-E3, DH-E6 製造プロセスルール: 90nm SOI L1キャッシュ: 64 + 64 KiB L2キャッシュ: 512 KiB 拡張機能: MMX, Extended 3DNow!, SSE, SSE2, SSE3, AMD64, Cool'n'Quiet, NX Bit 対応ソケット: Socket 754またはSocket 939 HyperTransportSocket 754版): 800 MHz HyperTransportSocket 939版): 1000 MHz コア電圧: 1.35 V または 1.40 V TDP: 最大67W リリース: 2005年4月4日 クロック周波数: 1800 - 2400 MHz

※この「Venice(ヴェニス)」の解説は、「Athlon 64」の解説の一部です。
「Venice(ヴェニス)」を含む「Athlon 64」の記事については、「Athlon 64」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Venice」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Venice」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Venice」の関連用語

Veniceのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Veniceのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴェネツィア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAthlon 64 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS