ライラックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > ライラックの意味・解説 

ライラック【lilac】

読み方:らいらっく

モクセイ科落葉低木。幹は枝分かれしてよく茂り広卵形4月ごろ、枝先香りのある紫色の花を円錐につける。花が白・赤青色などの品種もあり、観賞用バルカン地方原産で、日本には明治中期渡来リラむらさきはしどい。《 春》「折からの夜宴花や―/虚子

ライラックの画像

ライラック

作者阪田寛夫

収載図書戦友―歌につながる十(とお)の短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1986.11


ライラック

作者辻邦生

収載図書花のレクイエム
出版社新潮社
刊行年月2003.1
シリーズ名新潮文庫


ライラック―四月

作者辻邦生

収載図書花のレクイエム
出版社新潮社
刊行年月1996.11


ライラック

ライラック
科名 モクセイ科
別名: リラ・ムラサキハシドイ
生薬名: -
漢字表記: -
原産 東ヨーロッパ南部原産
用途 落葉高木で、春に芳香のある薄紫色の花が咲きます庭木街路樹として、よく植えられますが、健胃解熱などに用いられます。
学名: Syringa vulgaris L.
   

ライラック (紫丁香花)

モクセイのほかの用語一覧
トネリコ:  島とねりこ  谷地だも  青だも
ハシドイ:  ライラック  丁香花  姫ライラック
ヒトツバタゴ:  アメリカ一つ葉たご

ライラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/07 05:42 UTC 版)

ライラック(紫丁香花[注釈 1]英語: Lilac、学名: Syringa vulgaris)はモクセイ科ハシドイ属の高木落葉樹。フランス語からリラ(Lilas)とも呼ばれる。和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)。


注釈

  1. ^ 「ムラサキハシドイ」とも読むが、慣例的に「ライラック」とも読む[1]

出典

  1. ^ 難読漢字 .jp”. 2020年3月29日閲覧。
  2. ^ 若山誠治,南波哲,大野雅二「ライラック花の香気成分」『日本化學雜誌』第92巻第3号、The Chemical Society of Japan、1971年、 256-259頁、 doi:10.1246/nikkashi1948.92.256
  3. ^ a b ライラックとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版” (日本語). みんなの趣味の園芸. 2020年6月19日閲覧。


「ライラック」の続きの解説一覧

ライラック(62歳・司教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 09:51 UTC 版)

アルバートオデッセイII 邪神の胎動」の記事における「ライラック(62歳・司教)」の解説

ルクレナン王国・聖ブライニッシュ教会司教

※この「ライラック(62歳・司教)」の解説は、「アルバートオデッセイII 邪神の胎動」の解説の一部です。
「ライラック(62歳・司教)」を含む「アルバートオデッセイII 邪神の胎動」の記事については、「アルバートオデッセイII 邪神の胎動」の概要を参照ください。


ライラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 05:51 UTC 版)

機動戦艦ナデシコの登場兵器」の記事における「ライラック」の解説

宇宙軍方面第二艦隊所属艦長アララギ大佐。月へ向か独立ナデシコ部隊シャトル護衛艦隊旗艦として参加した

※この「ライラック」の解説は、「機動戦艦ナデシコの登場兵器」の解説の一部です。
「ライラック」を含む「機動戦艦ナデシコの登場兵器」の記事については、「機動戦艦ナデシコの登場兵器」の概要を参照ください。


ライラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 18:22 UTC 版)

ジャスパーウェア」の記事における「ライラック」の解説

藤色古くからある色で、ディップドカラーソリッドカラー共にある。生産量多くない

※この「ライラック」の解説は、「ジャスパーウェア」の解説の一部です。
「ライラック」を含む「ジャスパーウェア」の記事については、「ジャスパーウェア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ライラック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ライラック


「ライラック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ライラックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ライラック」の関連用語

ライラックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ライラックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2023, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2023 shu(^^). All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2023 colordic.org All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライラック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのアルバートオデッセイII 邪神の胎動 (改訂履歴)、機動戦艦ナデシコの登場兵器 (改訂履歴)、ジャスパーウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのライラック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS