Tempestとは? わかりやすく解説

tempest

別表記:テンピスト

「tempest」の意味・「tempest」とは

「tempest」は英語の単語であり、日本語では「激しい嵐」や「騒動」を意味する自然現象一つである嵐を指すときや、比喩的に社会的な混乱騒動を表す際に用いられる例えば、政治的な混乱を「political tempest」、感情の嵐を「tempest of emotions」と表現することがある

「tempest」の発音・読み方

「tempest」発音IPA表記では/ˈtɛmpɪst/となり、カタカナ表記では「テンピスト」となる。日本人発音する際のカタカナ英語読み方は「テンペスト」である。

「tempest」の定義を英語で解説

「tempest」は、英語の辞書によると"a violent windstorm, especially one with rain, hail, or snow"と定義されている。つまり、風雨を伴う激しい風の嵐を指す。また、比喩的には"any violent or tumultuous situation or event"と定義され物事激しく混乱する状況出来事を指す。

「tempest」の類語

「tempest」類語としては、「storm」、「gale」、「turbulence」などがある。これらはいずれも風や嵐を表す単語であるが、それぞれ微妙に意味合い異なる。「storm」は一般的な嵐を、「gale」は特に強風を、「turbulence」は気流乱れ混乱を表す。

「tempest」に関連する用語・表現

「tempest」関連する用語表現としては、「tempestuous」、「tempest in a teapot」、「Tempest-tost」などがある。「tempestuous」は形容詞形で、「激しい」や「荒れ狂う」を意味する。「tempest in a teapot」は比喩表現で、大騒ぎしているが実際のところは些細な問題を指す。「Tempest-tost」はシェイクスピア戯曲テンペスト」から来た表現で、嵐に翻弄される様を表す。

「tempest」の例文

以下に「tempest」用いた例文10個示す。 1. The tempest raged for three days.(激しい嵐が三日間も続いた。)
2. The political tempest shows no sign of abating.(政治的な騒動が収まる気配がない。)
3. She was a tempest of emotions.(彼女は感情の嵐だった。)
4. The ship was caught in a tempest.(その船は激しい嵐に巻き込まれた。)
5. The scandal caused a tempest in the media.(そのスキャンダルメディアの中で大騒動巻き起こした。)
6. The tempest left a trail of destruction.(その嵐は破壊の跡を残した。)
7. His departure created a tempest in the company.(彼の退社会社内で大騒動引き起こした。)
8. The tempest in her heart was evident in her actions.(彼女の行動からは、心の中の嵐が明らかだった。)
9. The city was a tempest of activity.(その都市活動の嵐だった。)
10. The tempest at sea was a terrifying experience.(海上の嵐は恐ろしい経験だった。)

テンペスト

英語:tempest

「テンペスト」とは、嵐・暴風雨のことを意味する表現である。

「テンペスト」とは・「テンペスト」の意味

「テンペスト」は、「嵐、暴風雨」という意味を持つ英語。スペル「tempest」だ。また、「tempest」は「大騒ぎ騒動混乱」も表している。

「テンペスト」と「ストーム」の違い


「tempest(テンペスト)」と「storm(ストーム)」は、どちらも「嵐」という意味を持つ表現。「storm」は、「嵐(強い雨風や雷雨大雪を伴う強風といった悪天候)」を指す。一方「tempest」は「大嵐暴風雨」だ。基本的に物語の中で、比喩表現として用いる。「tempest」文学的な表現であり、日常会話(口語)で用いられることは少ない。

「テンペスト(シェイクスピア)」とは


「テンペスト(The tempest)」は、劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の戯曲日本では、「あらし」という題名上演されることもある。「テンペスト」は、シェイクスピア単独執筆としては最後作品だとされている(「二人の貴公子」はジョン・フレッチャーとの合作)。

「テンペスト(ベートーヴェン)」とは


ピアノソナタ第17番ニ短調作品名31-2」は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲したピアノソナタだ。通称は「テンペスト」。かつてベートーヴェン弟子(秘書)であるアントン・シンドラーが、「テンペスト」の解釈について尋ねたベートーヴェンが「シェイクスピア『テンペスト』読め」と答えたことが、「テンペスト」という通称の由来だとされている。

「テンペスト(イギリス空軍の戦闘機)」とは


ホーカー・テンペスト(Hawker Tempest)」は、イギリス空軍(RAF)で運用され戦闘機だ。タイフーン戦闘機発展型としてホーカー社が開発し1943年から量産スタート第二次世界大戦中イギリス空軍における最高速機の1つであり、中低高度では連合軍の中で最速だった。戦後ジェット機普及するまでのつなぎとして、海外部隊同盟国空軍などに配備されている。

「テンペスト(次世代戦闘機)」とは


BAEシステムズ・テンペスト」は、イギリス次世代戦闘機開発計画を指す。2018年7月開催されファンボロー国際航空ショーで、イギリス戦闘航空戦略戦略中心となる「テンペスト」の開発発表2022年12月には、イギリスイタリア日本の3か国で次世代戦闘機共同開発することが発表された。プログラム名は、「GCAP(Global Combat Air Program/グローバル戦闘航空プログラム)」。2035年までの開発配備目指されている。

「テンペスト(ドール)」とは


「Tempest(テンペスト)」は、ドールブランドである。

「テンペスト」の語源・由来

「テンペスト(tempest)」の語源は、ラテン語の「tempestas」だ。「嵐、天気天候」という意味。「tempestas」は、「tempus(時、時間)」が語源となっている。

「テンペスト」の熟語・言い回し

リムル=テンペストとは


リムル=テンペスト」は、「転生したらスライムだった件」の主人公だ。大手ゼネコン勤めサラリーマン(三上悟37歳)だったが、通り魔刺され死亡異世界転生した、1匹のスライムである。「リムル=テンペスト」という名前は、リムル洞窟内で「暴風竜ヴェルドラ」と出会った際に得たものだ。互いに名付け合い両者同格であることを魂に刻み込んでいる。リムルは、「テンペスト」という2人ファミリーネーム提案した。ヴェルドラからは「リムル」という名前を授けられ以降は「リムル=テンペスト」と名乗っている。

月のテンペストとは


月のテンペスト」は、アイドルテーマとする日本メディアミックス作品IDOLY PRIDE(アイドリープライド)」に登場するアイドルグループ。略称は「月スト」だ。アイドルグループサニーピース(略称):サニピ」と対をなす。月のテンペストサニーピースは、作中の「星見プロダクション」に所属している。

テンペスト【tempest】

読み方:てんぺすと

嵐。暴風雨また、動乱

[補説] 作品名別項。→テンペスト


テンペスト【TEMPEST】


Tempest


テンペスト

(Tempest から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/24 14:31 UTC 版)

テンペスト (tempest) は、英語での意味。




「テンペスト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Tempest」の関連用語

Tempestのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Tempestのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテンペスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS