非阻害的効果とは? わかりやすく解説

非阻害的効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 08:12 UTC 版)

セルピン」の記事における「非阻害的効果」の解説

阻害的な細胞外セルピンもまた広範かつ重要な役割を持つ。チロキシン結合グロブリントランスコルチンそれぞれチロキシンコルチゾール運搬する。非阻害セルピンであるオボアルブミン卵白で最も豊富なタンパク質である。オボアルブミン詳細な機能知られていないが、胚発生における貯蔵タンパク質考えられている。ヒートショックタンパク質47シャペロンコラーゲン適切な折りたたみ必須である。このヒートショックタンパク質コラーゲン折りたたみが行われる小胞体において、コラーゲン三重らせん安定化させる働きを持つ。 一部セルピンプロテアーゼ阻害機能それ以外機能両方を持つ例え核内システインプロテアーゼ阻害剤であるMENTは、鳥類において赤血球内のクロマチン再構成分子としても働く。

※この「非阻害的効果」の解説は、「セルピン」の解説の一部です。
「非阻害的効果」を含む「セルピン」の記事については、「セルピン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「非阻害的効果」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

非阻害的効果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



非阻害的効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセルピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS