ぶしょうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 不精 > ぶしょうの意味・解説 

ぶ しょう -しやう [2] 【無精・不精】

( 名 ・形動スル [文] ナリ
精を出さずに,なまけること。面倒くさがること。また,そのさま。ぶせい。 「 -な恰好(かつこう)」 「 -して,ひげをそらない」 「 -をきめこむ

ぶ せい 【無精・不精】

( 名 ・形動[文] ナリ
ぶしょう(無精 」に同じ。 「ええ,親子の衆が-な/浄瑠璃・淀

ぶ しょう -しやう [0] 【武将】

武士の大将。 「敵の-を捕らえる」
武道すぐれた将軍。 「 -の誉れが高い」

ぶ しょう -しやう [0] [1] 【部将】

一部隊の長。

ぶしょう ぶしやう 【武昌】 ◇

武漢市の一地区長江南岸位置し,もと独立都市三国時代からの要衝地。ウーチャン。 → 武漢

ぶしょう 【武松】 ○

水滸伝」に登場する英雄一人。虎をなぐり殺して名を広める。のち,兄を毒殺した兄嫁淫婦潘金蓮はんきんれん)姦夫西門慶を殺し梁山泊入り最後出家する。「金瓶梅」の副主人公としても登場


ブシヤウ

読み方:ぶしょ,ぶしょう

  1. 賭博スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・静岡県
  2. 賭博ノコトヲ云フ勝負ノ逆語ナリ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大分県
  3. 丁半ヲスルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福島県
  4. 勝負ノ逆。〔第四類 言語動作
  5. 勝負のこと。せふぶを倒さにいへるもの、盗賊用ふ隠語
  6. 博奕
  7. 〔犯〕賭博など勝負事のこと。賭事勝負のことにも云ふ。勝負の逆語。
  8. 賭博のこと。『ブショーが見つかつてズラカル』など用ひる。〔縁日商人
  9. 賭博
  10. 賭博のことをいふ。
  11. 勝負(せうぶ)、即ち賭博を云ふ。賭博をなす事を「ぶせう ねる」と云ふ。
  12. 勝負を云ふ。
  13. 賭博高松甲府横浜札幌富山名寄 的屋闇屋不良仲間
  14. 勝負 不良仲間
  15. 賭博仲間にて賭博すること。若桜
  16. 賭博。〔闇屋
  17. ばくち、勝負。〔香具師不良
  18. 賭博(ばくちのこと)。勝負反転語。〔博〕
  19. 勝負のこと。

分類 ルンペン大阪不良仲間、博/犯罪大分県、犯、的屋縁日商人語、的屋闇屋不良仲間盗賊福島県縁日商人露店商静岡県香具師香具師不良


ブシヤウ

読み方:ふしょう,ぶしょう

  1. 博徒ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県
  2. 博徒。〔香具師

分類 三重県香具師


ブシヨフ

読み方:ぶしょう

  1. 賭博ヲ為スニ物品ヲ賭ケルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大分県

分類 大分県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



ぶしょうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぶしょう」の関連用語

ぶしょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぶしょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS