丹とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > の意味・解説 

たん [1] 【丹】

硫黄水銀との化合した赤土また、その色。辰砂
鉛に硫黄硝石加えて焼いて作ったもの。鉛の酸化物黄色をおびた赤色絵の具薬用とする。主成分四酸化三鉛鉛丹えんたん)。
のこと。特に不老不死の薬。 「 -を煉り、真を修し/読本弓張月
のような黄赤色。

【たん】[漢字]

【丹】 [音] タン
辰砂しんしや)。また、そのあか色。 「丹砂丹朱丹唇丹青
粋なまごころ。 「丹心丹誠丹精丹念
丹後たんご)国」「丹波たんば)国」の略。 「丹州
【反】
⇒ はん〔反〕 [漢]
【旦】 [音] タンダン
あさ。夜明け。 「旦日旦夕旦暮元旦がんたん)・早旦明旦
【 坦 】 [音] タン
たいら。土地高低がない。 「坦坦坦道坦路平坦
心にわだかまりがない。 「虚心坦懐
【担(擔)】 [音] タン
になう。かつぐ。 「担架
引き受ける。責任をもつ。 「担当担任担保負担分担
味方する。 「加担荷担」 〔「担」は、本来「打ち払う」意で、「擔」とは別字。「擔」の略字として用いられるようになり、今では元の意では用いない〕
【単(單)】 [音] タン
ひとつ。ひとり。 「単一単音単価単記単騎単座単作単車単色単身単数単線単打単体単独単発単複単葉単刀直入
複合体構成する個々要素。 「単位単元単語
複雑でない。変化がない。 「単純・単調・簡単」
【炭】 [音] タン
石炭」の略。 「炭坑炭鉱炭層炭田亜炭褐炭黒炭泥炭無煙炭
炭素」の略。 「炭化炭酸炭水化物
【胆(膽)】 [音] タン
内臓器官の一。 「胆汁胆石胆囊たんのう)・臥薪嘗胆がしんしようたん)」
本心。心のそこ。 「肝胆魂胆心胆
【 疸 】 [音] タン
おうだん。体が黄色くなる病気。 「黄疸おうだん)」
【 站 】 [音] タン
宿駅馬継ぎの場所。停車場。 「車站
ある特定の業務を行うために設け機関。 「兵站
【 耽 】 [音] タン
心を奪われる熱中する。ふける。 「耽溺たんでき)・耽読耽美耽楽
【探】 [音] タン
さがす。さがし求める。さぐる。 「探求探究探険探索探知探偵探照灯
たずねる。おとずれる。 「探勝探訪
【淡】 [音] タン
味や色がうすい。 「淡紅淡彩淡白淡泊淡緑濃淡
塩分含まない。 「淡水
淡路あわじ)国」の略。 「淡州
【 蛋 】 [音] タン
たまご。 「蛋白
【 貪
⇒ どん〔貪〕 [漢]
【 湛 】 [音] タン
【 湍 】 [音] タン
水勢がはやい。早瀬。 「急湍激湍飛湍
【短】 [音] タン
みじかい。 「短期短軀たんく)・短剣短冊たんざく)・短詩短縮短針短刀短波短評短文短編短命長短短時間短時日
不十分である。劣っている。 「短気短見短才短所短慮一長一短
【嘆( 嘆 )】 [音] タン
悲しんでため息をつく。なげく。 「嘆願慨嘆嗟嘆さたん)・愁嘆悲嘆
心してため息をつく。ほめる。 「嘆称嘆美詠嘆感嘆賛嘆賞嘆
驚きの声を出すこと。 「嘆声驚嘆長嘆」 〔「歎」の書き換え字としても用いられる〕
【 痰 】 [音] タン
せきといっしょ気管から分泌される粘液。 「痰咳たんがい)・喀痰かくたん)・血痰検痰
【端】 [音] タン
物の)はし。 「下端端・上端舌端先端筆端末端
物事の)はじまり。 「端緒発端ほつたん)」
仕事事件ことがら。 「多端万端
きちんと整っている。 「端座端正端然端麗
【綻】 [音] タン
ほころびる。 「破綻
【 憚 】 [音] タン
はばかる恐れ慎む。 「畏憚いたん)・忌憚敬憚
【 歎 】 [音] タン
なげく。 「慨歎悲歎
たたえる。感にたえない。 「歎服感歎」 〔「嘆」とも書き換えられる〕
【 緞 】 [音] タン ・ドン
生糸練糸で織った紋織物の一。 「緞子どんす)・緞帳どんちよう)」
敷物用の毛織物。 「絨緞ゆうたん)」
【誕】 [音] タン
でたらめ。でたらめを言う。 「怪誕虚誕荒誕妄誕もうたん)((ぼうたん))
【 憺 】 [音] タン
うれえる。心を煩わす。 「惨憺
【鍛】 [音] タン
金属熱して打つ。 「鍛造鍛鉄鍛冶たんや)・鍛錬
きたえる。訓練する。 「鍛錬
【 簞 】 [音] タン
竹で編んだ食器の一。わりご。 「 簞食たんし)・ 簞笥たんす)」
ひさご。 「瓢簞ひようたん)」
【 譚 】 [音] タンダン
かたる。はなす。はなし。物語。 「譚歌譚詩奇譚民譚みんだん)」

[1] 【丹

〔「に(土)」と同源
辰砂しんしや)や鉛丹含み赤色顔料として使われた土。また、赤い色。 「 -塗り鳥居」 「阪東君の-のやうな酔顔見て/続風流懺法 虚子」 「大刀の手上に-画き著け/古事記 下訓

読み方:ニ(ni

一般に赤色や、鉛の赤色酸化物である鉛丹に対して呼称


たん 【丹】


丹 第1号(上丹) (たん)

1号包み広げ、紙紐横に置き
第1号、包み広げ、紙紐横に置き
●分類: その他 
●倉番: 北倉 148 
●寸法: 重744.7 
●説明: 鉛の酸化物で、文書反故紙包まれている。丹は顔料としても用いられるが、本品釉薬原料用。 

丹 第4号 (たん)

第4号、上包のみ広げ
第4号、上包のみ広げ
●分類: その他 
●倉番: 北倉 148 
●寸法: 重770.9 
●説明: 鉛の酸化物で、文書反故紙包まれている。丹は顔料としても用いられるが、本品釉薬原料用。 

印章の上を示すしるし。薄くした金あるいは銀を印顆埋め込む最近ニッケルのものが多い。

読み方
あか
あかい
あかし
たな
たみ
たん
たんさき
にい
にわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/28 12:37 UTC 版)

(たん、に、あか)




「丹」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/02/22 12:11 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丹」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

丹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
正倉院正倉院
(C)Copyright(C)2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2020 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS