荷とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

か【荷】

[音](漢) [訓] になう

学習漢字3年

[一]〈カ〉

植物の名。ハス。「荷葉

にもつをかつぐ。になう。「荷重荷担負荷

にもつ。「在荷集荷出荷入荷

[二]〈に〉「荷主荷札荷物荷役重荷倉荷初荷・船荷」

名のり]もち

難読稲荷(いなり)・荷前(のさき)・薄荷(はっか)・歩荷(ぼっか)・茗荷(みょうが)


か【荷】

接尾助数詞。数を表す漢語に付いて、一人が肩に担える物の量を単位として数えるのに用いる。「稲三荷」


に【荷】

運搬するようにまとめた品物荷物。「荷を運ぶ」

責任また、負担。「約束を果たして荷が軽くなる」「病人世話が荷になる」

[下接語] 明け荷揚げ荷脚荷荒荷在り荷入り荷浮き荷打ち荷・上(うわ)荷・重荷・片荷軽荷倉荷先荷・下(した)荷・底荷・着(ちゃく)荷・積み荷・投げ荷抜き荷抜け荷・濡(ぬ)れ荷・初荷・撥(は)ね荷・散(ばら)荷・船荷・持ち


か【荷】

接尾漢語数詞に付けてひとりで肩にになえるだけの物の量を、単位として数えるのにいう語。にない。に。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「檜破子(ひわりご)五十か」

太平記14C後)二〇「堀溝をうめん為に、うめ万余荷(カ)を」


に【荷】

〔名〕

持ち運んだり、運送したりする品物荷物

播磨風土記715頃)揖保「ここに(あふこ)折れて荷(に)落ちき」

滑稽本浮世床(1813‐23)初「江戸なくては荷(ニ)のはける所がねへ」

責務責任。「荷が重い」「肩の荷がおりる

手数のかかる厄介なこと。負担になるもの。

婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「一軒かけ離れて、彼処へ行くのは荷なんだけれども

劇場関係者の間で、演題出演者総称


の【荷】

〔名〕 「に(荷)」の古い形か。

[補注]書紀‐九・神功摂政前」に、地名荷持に対して「此をば能登利(ノトリ)と云ふ」という訓注があり、「万葉二三」の歌の「射等籠荷四間」が「万葉‐二四」の「伊良虞能嶋」と対比して「イラゴノシマ」とよまれるところから、「荷」を「の」といったことは確実であるが、語として用いられた確かな例は「荷前(のさき)」しかない


にない になひ 【担・荷】

〔名〕

① になうこと。肩にかけてささえること。かつぐこと。

*平中(965頃)二「誰により樵るなげきをかうちつけにになひも知らぬ我に負ほする」

② 「にないおけ担桶)」の略。

御伽草子草子室町末)「やがて京、さかいの町屋へあつらへける道具には、にない、長もち」


に‐な・う ‥なふ 【担・荷】

〔他ワ五(ハ四)〕 (「なう」は接尾語

① 物を肩にかけて運ぶ。天秤(てんびん)棒などを用い場合にもいう。かつぐ。かたげる

万葉(8C後)一八・四〇八三「常の恋いまだ止まぬに都より馬に恋ひ来ば爾奈比(ニナヒ)あへむかも」

自分責任として引き受ける。負担する。身に負う

書紀720欽明二年七月寛文版訓)「人の後(つき)を為す者は能く先軌(おやのあと)を負荷(ニナヒ)」

③ ある評価や意味を与えられる。負わされる。

路上1919)〈芥川龍之介一二近藤は〈略〉『城』同人の中では第一絵画通と云ふ評判を荷(ニナ)ってゐた」


荷重かじゅう)のことで、荷をかけるとか、荷がかかっているなどという。


作者金史良

収載図書光の中に金史良作品集
出版社講談社
刊行年月1999.4
シリーズ名講談社文芸文庫


読み方:ハチス(hachisu)

スイレン科の抽水性多年草園芸植物薬用植物

学名 Nelumbo nucifera


読み方:ハチス(hachisu)

ムクゲ別称


読み方:に

  1. (一)巡業一座(二)荷物の略称。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/08/17 05:39 UTC 版)

(に)とは、になうもののこと。




「荷」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:42 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (に)運搬対象となるもの。
  2. (に)負担責任

造語成分

  1. (か)帯分数中で、整数部につづけて読まれる小辞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荷」の関連用語

荷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS