天秤棒とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 天秤棒の意味・解説 

てんびん‐ぼう【天×秤棒】

両端荷物をつるし、中央を肩に当ててかつぐ棒。


天秤棒 (てんびんぼう)

天秤棒 荷い棒あるいは天秤棒とも呼ばれるこの棒は、長さが2m前後堅木使いその先端に農産物資材を吊して、肩でかついで運搬するのに使用した補助道具である。明治時代から昭和30年頃まで使用された。天秤棒に荷をになうと同時に野菜販売単位にも利用された(京都市)。すなわち、この棒を畦の上に倒して、その長さを「棒いくら」として取引したといわれている。棒の両側スプリングをつけ、肩への衝撃やわらげるのがねらい。長さ135cm、スプリングの高さ11cm、重さ1.2kgである。

天秤棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 13:56 UTC 版)

天秤棒(てんびんぼう、英語:carrying pole、shoulder pole)とは、第一義に、両端に重量物をぶら下げたり、たくさんの軽量物を取り付けたりして、に担いで運搬することを目的に作られた天秤と同様、平衡を保ちやすいように作られている。極めて古い時代から全世界に見られる人力運搬用の民具である。


注釈

  1. ^ 「売手によし」「買手によし」という常識に「世間よし」を加えたもので、出先地域での経済的貢献が近江商人の経済活動を下支えした。
  2. ^ 上賀茂神社を発祥地とするスグキナ(酸茎菜)は、寛文7年(1667年)刊行の文献で栽培種として歴史に現れ、漬物の生産はその後のいつかということになる。

出典

  1. ^ Bamberger Auswanderer im Posener Land” (ポーランド語). Historisches-Franken (website). 2012年11月3日閲覧。
  2. ^ 水桶と天秤俸 相馬デジタルミュージアム
  3. ^ NHKネットクラブ 番組詳細(Asia Insight「重慶を支えた男たち~消えゆく棒棒~」)
  4. ^ 天秤棒”. 筑後市. 2021年5月24日閲覧。
  5. ^ 担苗篭(かつぎなえかご)”. 国土交通省太田川河川事務所. 2021年5月24日閲覧。
  6. ^ 『北斎画本早引―江戸文化イラスト百科』永田生慈監修、東京美術、2011年3月。ISBN 978-4-8087-0927-3
  7. ^ 画本早引”. 絵双紙屋(ウェブサイト). 和泉屋楓. 2012年1月17日閲覧。
  8. ^ a b 『きてみて五個荘』 五個荘町
  9. ^ a b 近江商人のルーツ:小幡商人 - 近江商人とは”. てんびんの里 五個荘 東近江市近江商人博物館(公式ウェブサイト). 近江商人博物館. 2012年1月16日閲覧。
  10. ^ 邦光史郎『日本の三大商人』徳間書店徳間文庫〉、1986年7月。ISBN 978-4-19-568094-0
  11. ^ 家訓 - 近江商人とは”. てんびんの里 五個荘 東近江市近江商人博物館(公式ウェブサイト). 近江商人博物館. 2012年1月16日閲覧。
  12. ^ 三方よしの理念”. 三方よし(公式ウェブサイト). 財団法人 滋賀県産業支援プラザ. 2012年1月16日閲覧。
  13. ^ a b 蒲生氏郷公と近江日野商人”. (公式ウェブサイト). 日野観光協会. 2012年1月16日閲覧。
  14. ^ 近江商人の特徴 - 近江商人とは”. てんびんの里 五個荘 東近江市近江商人博物館(公式ウェブサイト). 近江商人博物館. 2012年1月16日閲覧。
  15. ^ 近江商人博物館
  16. ^ a b c すぐき漬けの製法”. 京都の漬物 御すぐき處「なり田」(公式ウェブサイト). 京都府漬物協同組合、全日本漬物協同組合連合会. 2012年1月16日閲覧。
  17. ^ 伝承漬物について”. (ウェブサイト). 京漬物工房 池西. 2012年1月16日閲覧。


「天秤棒」の続きの解説一覧



天秤棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天秤棒」の関連用語

天秤棒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天秤棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天秤棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS