マターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > マターの意味・解説 

マター

英語:matter

マターとは、マターの意味

マター(matter)は、元々は「問題」や「事柄」を意味する英単語であり、日本語では「~が担当する案件」「~の責任のもとに扱われるべき問題」という意味で用いられることの多い語。たいてい、人名部署名役職名などの後に(接尾辞のように)付けて、「関連する問題」や「決定権がある」という意味で用いられる。具体的には「人事マター」「本社マター」「政治マター」「国事マターのような表現で使われる。

マターの使い方

人事マター」は「人事に関する案件」「人事部担当するべき問題」「人事部以外の者が余計な口を挟むべきでない事柄」といった意味合い表現といえる

本社マター」は「本社で扱う事柄」「本社委ねるべき案件」「支社支店独断で扱うべきではない問題」といった意味合い用いられる。

政治マター」は「政治に関する事柄」「政治的考量が必要な案件」「経済的観点ではなく政治的観点から判断なくてはならない問題」といった意味と解釈できる。

総務省マター」といえば総務省管轄する案件ということである。「他の省庁管轄ではない」あるいは「他の省庁管轄するべきではない」という意味合いを含む。

「ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter)」の「マター」も同じ語であるが、BLMアメリカ発の社会運動スローガンであり、したがって英語本来の意味(「大切である」という動詞の意味)である。日本語的な「マター」の意味用法とは必ずしも一致しない。

マターの類語と使い分け方

「~マター」の類語類義語としては、「担当」「関連」あるいは「案件のような表現当てはまりやすい。たとえば「人事マター」なら「人事担当案件と言い換え可能な場合が多い。

政治マター」などは「政治案件」と表現されることも多い。

マターの語源

マターの語源由来は英語の「matter」である。つまり「マター」は英語由来カタカナ語である。英語の matter名詞、および動詞用法がある。名詞としては「問題事柄物事物質」などの意味がある動詞としては「重要なことである」「問題となっている」という意味合いがある。

マター【matter】

原義問題事柄の意》俗に人名役職などの後について、それらが管理すべき問題であることを表す。「総理マター」「人事マター」


マター

名前 Matar

マター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 00:20 UTC 版)

マター: matter




「マター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マター」の関連用語

マターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS