第四の壁とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 第四の壁の意味・解説 

第四の壁

読み方だいしのかべだいよんのかべ
別名:第4の壁
【英】fourth wall

第四の壁とは、演劇などの作品において、その舞台となっている世界と、その世界登場人物鑑賞する者(観客)との間に、暗に想定されている隔絶のことである。いわば虚構現実境界である。

第四の壁は原則的観客作品世界観るという形でのみ機能する。作品世界舞台)の登場人物は、第四の壁の存在認識しない。この基本的構図逆手に取って破り、作品世界鑑賞者の存在意識した発言メタ発言)をしたり、鑑賞者を見据えた話しかけたりする演出試みられることもある。こうした演出は「第四の壁を破る」と表現される。

第四の壁を破る演出は、作中登場人物が自らの世界虚構知っていること示唆するものであり、不用意に行うと作品世界崩壊させかねない危険を伴うが、効果的演出できると、登場人物存在リアルに感じたり、観客登場人物との心理的距離を縮めたり、作品世界への没入感高めたりといった効果期待できる。


第四の壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/26 05:49 UTC 版)

第四の壁(だいしのかべ、だいよんのかべ、: fourth wall)は、舞台と客席を分ける一線のこと。プロセニアム・アーチ付きの舞台の正面に築かれた、想像上の見えない壁であり、フィクションである演劇内の世界と観客のいる現実世界との境界を表す概念である。


  1. ^ "Film view: sex can spoil the scene;" (review). Canby, Vincent. New York Times. (Late Edition (East Coast)). New York, N.Y.: Jun 28, 1987. pg. A.17 . ProQuest ISSN 0362-4331 ProQuest document ID: 956621781 (subscription). retrieved July 3, 2007
  2. ^ ブレヒト「現代の演劇は叙事詩的演劇だ」『今日の世界は演劇によって再現できるか ブレヒト演劇論集』千田是也編訳、白水社 1996年新装版
  3. ^ ブレヒト「中国の俳優術の異化的効果」『今日の世界は演劇によって再現できるか ブレヒト演劇論集』、田中徳一『ドイツの歌舞伎とブレヒト劇』えにし書房、2015年
  4. ^ Quotes from "Horse Feathers" - IMDb


「第四の壁」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第四の壁」の関連用語

第四の壁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第四の壁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ第四の壁の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第四の壁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS