没入感とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 没入感の意味・解説 

没入感

読み方:ぼつにゅうかん

すっかり熱中して、その世界入り込んでいるという感じ、浸っている・没入しているという感覚などを意味する語。音楽映画ゲームなどのマルチメディア体験形容する際に用いられることが多い。

ぼつにゅう‐かん〔ボツニフ‐〕【没入感】

他のことが気にならなくなるほど、ある対象状況意識集中している感じ。特に、音楽映画ゲームのほか、バーチャルリアリティーVR)などで体験する感覚についていう。


没入感

読み方ぼつにゅうかん
【英】immersion, sense of immersion

没入感とは、対象意識が注がれ他の事が気にならなくなる様子や、その度合いのことである。

没入感という語は、主にバーチャルリアリティユーザーインターフェースなどの分野において、ユーザー体験向上させる要素として多くいられる映しだされた世界にすっかり入り込んで没頭できることは「没入感が高い」のように表現され、そのよう没入できるシステムは「没入型」などと形容される。

Google2013年10月末に、オープンソースモバイルプラットフォームAndroid」の新バージョンとなる「Android 4.4 KitKat」を正式に発表したが、公式ブログではAndroid 4.4 KitKat特徴一つとして「より没入できる」(more immersive)点を挙げている。これは日本のメディアでは「没入感アップ」のように訳出されていることが多い。


参照リンク
Android for all and the new Nexus 5 - (Google Official Blog
ソフトウェアのほかの用語一覧
UI:  CUI  GUI  光インターフェース  没入感  フロントエンド  iris  壁紙


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「没入感」の関連用語

没入感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



没入感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ没入感の記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS