電影少女とは?

電影少女

原題:
製作国:日本
製作年:1991
配給:東宝
スタッフ
監督:金田龍 カネダリュウ
製作:河野宏 コウノヒロシ

渡辺正憲 ワタナベマサノリ
製作総指揮:朝野勇次郎 アサノユウジロウ
プロデューサー:日高武司 ヒダカタケシ

市山隆治 

米沢昭宣 ヨネザワアキノブ
原作:桂正和 カツラマサカズ
脚本:桂正和 カツラマサカズ

吉本昌弘 ヨシモトマサヒロ
企画:渡辺正憲 ワタナベマサノリ

永田英二 ナガタエイジ
撮影:丸池納 マルイケオサメ
音楽:小六禮次郎 コロクレイジロウ
主題曲:宇都美慶子 ウツミケイコ
美術:清水剛 シミズ
編集:菅野善雄 スガノヨシオ
録音:深田晃 フカダアキラ
スクリプター:桂正和 カツラマサカズ
スチール:遠藤秀司 
助監督:伊藤聡 イトウサトシ
照明:森谷清彦 モリタニキヨヒコ
キャスト(役名
大沢健 オオサワケン (弄内洋太)
坂上香織 サカガミカオリ (天野あい
保阪尚希 (保坂尚希、保阪 尚輝、保坂 尚輝) ホサカナオキ (新舞貴志
浜口ひろみ ハマグチヒロミ (早川もえみ)
矢蒔浬子  (加奈子
野村詩織 ノムラシオリ (瑞枝
橋野恵美 ハシノエミ (絵里)
加上由実 カガミユミ (美紀
澤田英俊 サワダヒデトシ (洋太(子供時代))
古謝潤一  (貴志子供時代))
白山愛 シロヤマアイ (女の子
ふじわら哲平 フジワラテッペイ (郵便配達
桂正和 カツラマサカズ (謎の?)
ポール牧 ポールマキ (オヤジ
岸部一徳 キシベイットク (謎の男)
解説
ビデオ世界から飛び出した不思議少女失恋たばかり少年との恋を描く青春ファンタジー桂正和原作同名コミック映画化で、脚本桂正和と「山田ババアに花束を」の吉本昌弘共同執筆監督は「満月のくちづけ」の金田龍撮影は「喪の仕事」の丸池納それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
洋太は同級生のもえみに想い寄せていたが告白する勇気がなく、親友貴志リードしてもらう。ところが逆にもえみから貴志想い寄せていることを相談され、ショックを受ける洋太。そんなある日失意の中で足を運んだビデオショツプ『GOKURAKU』の親父勧められるままに借りビデオ再生すると、ブラウン管から一人女の子飛び出してきた。そして、その女の子あいは洋太ともえみを結び付けるための恋のキューピット買って出ることになる。それによって洋太ともえみの仲は徐々に発展していくが、あいも次第に洋太に恋してしまう。だが再生時間限りのあるビデオガール普通の女の子恋愛感情を持ってはいけないのだ。あいは謎の男に不良品として回収されてしまうが、店の親父懇願し、洋太に恋愛感情を持たず、あと1週間という条件付き彼のもとに戻る。こうして洋太ともえみの関係は深くなっていくが、洋太はもえみのある言葉きっかけにして、あいが自分にとってかけがえのない存在であることに気づくのだった。しかし、あいの再生時間残り少なく、彼女が消去すると同時に、関係したすべての人間記憶永遠に消去されてしまうのだった。そして、洋太と口づけを交わすと同時に消えていくあい。翌日、何もなかったかのようにキャンバスペン走らす洋太。だが、そのキャンバスには最後に洋太に向けてなげられたあいの笑顔が描かれていたのだった

電影少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/13 23:18 UTC 版)

電影少女』(でんえいしょうじょ、ビデオガール)は、桂正和によるSF恋愛漫画作品。様々なメディアミックス展開が行われている桂の代表作の一つ。元となった読切「ビデオガール」と共に、桂にとっては漫画家としてのターニングポイントとなった作品でもある[1]




  1. ^ a b c 『4C R-side ‹HEROES-side› Katsura Masakazu Illustrations 2』71頁
  2. ^ 『電影少女 1巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで
  3. ^ 桂正和「CHAPTER 1 心の距離」『電影少女 1巻』〈ジャンプ・コミックス〉42頁
  4. ^ 桂正和「CHAPTER 1 心の距離」『電影少女 1巻』〈ジャンプ・コミックス〉46 - 49頁
  5. ^ 『電影少女 14巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで
  6. ^ 『電影少女 15巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで
  7. ^ 『電影少女 4巻』〈ジャンプ・コミックス〉201頁
  8. ^ 『I"s 2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1997年11月9日発行 ISBN 4088724127、表紙そで・巻頭コメント
  9. ^ a b c d e f 桂正和「GOKURAKU CLUB 6」『電影少女 13巻』〈ジャンプ・コミックス〉191頁
  10. ^ a b c d e f g 桂正和「桂正和インタビュー」『4C R-side ‹HEROES-side› Katsura Masakazu Illustrations 2』72頁
  11. ^ 「GOKURAKU CLUB 5」『電影少女 8巻』196 - 197頁
  12. ^ 『『少年ジャンプ』の時代』174頁
  13. ^ 「CHAPTER52 死の口づけ」(『週刊少年ジャンプ 1990年53号』集英社・『電影少女 6巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1991年6月15日発行 ISBN 4088718062)など
  14. ^ 「CHAPTER37 VIDEO GIRL MAI」(『電影少女 5巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉)の初版と2版以降など
  15. ^ 『「有害」コミック問題を考える』 創出版、1991年8月、15頁
  16. ^ 「ランドセルSEX白書」『NONFIXフジテレビ、1991年9月17日の深夜放送
  17. ^ 桂正和「桂正和インタビュー」『4C R-side ‹HEROES-side› Katsura Masakazu Illustrations 2』74頁
  18. ^ a b c 『電影少女 2巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで
  19. ^ 野上タカヒロ「コミックをもっと2おもしろく!!〈コミッカーズ・インタビュー〉桂正和」『コミッカーズ 14号』12頁
  20. ^ 野上タカヒロ「コミックをもっと2おもしろく!!〈コミッカーズ・インタビュー〉桂正和」『コミッカーズ 14号』11-12頁
  21. ^ 『電影少女 5巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで
  22. ^ 桂正和「DATE2 つき合ってください」『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1993年12月2日、ISBN 4088717562、66頁
  23. ^ 『Making of Game Graphics vol.2 鬼武者2』68・71頁
  24. ^ 電影少女:桂正和の名作マンガ初ドラマ化 主演は野村周平”. MANTANWEB (2017年11月1日). 2017年11月1日閲覧。
  25. ^ “西野七瀬、20センチ髪バッサリ「切ってよかった」 『電影少女』アイ役でドラマ初主演”. ORICON NEWS. (2017年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2100610/full/ 2017年11月14日閲覧。 
  26. ^ 明言はされていないが『世にも不思議なアメージング・ストーリー3』第3話「キス・ミー (MISCALCULATION)」が同様の内容となっている。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電影少女に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電影少女」の関連用語

電影少女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

820SH

キンカン

PC-9801F1/F2

ランドクルーザー

パッチ

FLHTK103

シルバー・ミステイ

スケッチブック包み





電影少女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電影少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS