殺し屋1とは?

殺し屋1

原題:
製作国:日本
製作年:2001
配給:プレノンアッシュ
スタッフ
監督:三池崇史 ミイケタカシ
製作総指揮:横濱豊行 ヨコハマトヨユキ

三宅澄二 ミヤケチョウジ

Albert Yeung アルバート・ヤング
プロデューサー:宮崎大 ミヤザキ

舩津晶子 フナツマサコ
アソシエイト・プロデューサー:木村俊樹 キムラトシキ
原作:山本英夫 ヤマモトヒデオ
脚色:佐藤佐吉 サトウサキチ
撮影:山本英夫 ヤマモトヒデオ
特殊メイク:松井祐一 マツイユウイチ

福田雅朗 フクダマサロウ

三好史洋 ミヨシノリヒロ

山口深雪 ヤマグチミユキ

大塚章生 オオツカアキオ

小此木謙一郎 オコノギケンイチロウ

香ヶ美友貴 カガミユウキ
音楽:KAREAR MUSICATION キャリア/ミュージケイション
美術:佐々木尚 ササキヒサシ
編集:島村泰司 シマムラ
衣装(デザイン):北村道子 キタムラミチコ
録音:小原善哉 オバラヨシヤ
スチール:渡辺俊夫 
音響効果:柴崎憲治 シバザキケンジ
その他:Elliot Tong エリオット・トン

趙裕哲 チョウユウテツ

板井茂樹 イタイシゲキ

小松俊喜 コマツトシキ

尾関龍生 

川上登 カワカミノボル

高野裕子 タカノヒロコ

小畑正好 オバタマサヨシ

太田垣香織 オオタガキカオリ

坂美佐子 

橋本聡 ハシモトサトル

横山公望 ヨコヤマキンモチ

鈴木玲央奈 スズキレオナ

塚田均 ツカダヒトシ

高橋雅也 タカハシマサヤ

根本篤 ネモトアツシ

中島征隆 ナカジママサタカ

小林浩康 コバヤシヒロヤス

漆崎隆司 ウルシザキタカシ

太田純一 オオタジュンイチ

男岩秀雅 クロイワヒデマサ

八木下秀和 ヤギシタヒデカズ

堀内泰弘 ホリウチヤスヒロ
助監督:足立公良 アダチ
照明:小野晃 オノアキラ
キャスト(役名
浅野忠信 アサノタダノブ (垣原 )
大森南朋 オオモリナオ (イチ )
塚本晋也 ツカモトシンヤ (ジジイ )
SABU サブ (金子
Alien Sun エイリアン・サン (カレン
小林宏至 コバヤシヒロシ (タケシ )
菅田俊 スガタシュン (高山 )
國村隼 クニムラジュン (船鬼 )
有薗芳記 アリゾノヨシキ (中沢 )
松尾スズキ マツオスズキ (二郎
松尾スズキ マツオスズキ (三郎 )
寺島進 テラジマススム (鈴木 )
手塚とおる テヅカトオル (藤原 )
KEE キー (龍 )
新妻聡 ニイヅマサトシ (井上 )
モロ師岡 モロモロオカ (喫茶店店長 )
木下ほうか キノシタホウカ (セーラ情夫
後藤麻衣 ゴトウマイ (セーラ
青木理央 アオキリオ (ミユキ
森下能幸 モリシタヨシユキ (パブ「ヒランドゥー」の客 )
川屋せっちん カワヤセッチン (パブ「ヒランドゥー」店長
風祭ゆき カザマツリユキ (ヤク売人
佐藤佐吉 サトウサキチ (ヤク売人
菅原香織 スガワラカオリ (ヤク売人
迫英雄 サコヒデオ (ヤク売人
森羅万象 シンラバンショウ (ヤク売人
解説
究極マゾヤクザと気の弱い殺し屋との壮絶戦い活写するバイオレンス・コメディ。監督は「天国から来た男たち THE GUYS FROM PARADISE」の三池崇史山本英夫による同名コミックを基に、「金髪の草原」の佐藤佐吉脚色撮影を「RED SHADOW 赤影」の山本英夫担当している。主演は、「ELECTRIC DRAGON 80000V」の浅野忠信と「迷猫 MAIGO」の大森南朋。第10日本映画プロフェッショナル大賞作品賞&監督受賞日本香港韓国合作作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
暴力セックスドラッグ殺し蔓延る多国籍街・歌舞伎町。その一角にあるヤクザマンションと呼ばれるビル事務所構える安生組の組長が、組の資金3億円と共に姿を消した。若頭・垣原は組長捜しに乗り出すが、その時既に組長ヤクザ壊滅企むの手配師・ジジイによってマインドコントロールされた、靴の踵に仕込んだ鉈を武器とする泣き虫殺し屋・イチに殺されていた。そのことを突き止めた垣原は、組長の仇を討つべく手下高山会長中沢イチ過去自分投影する鉄砲玉金子双子サド刑事二郎三郎敵対する組の船鬼や鈴木周囲巻き込んでイチ捜しを開始。だが、実は究極マゾである彼の目的は、やがてイチ無情殺戮方法対す興味へと移行していく。そして、遂にイチを捜し出した垣原は、イチ痛めけられる期待に胸を膨らませるのであったが、肝腎イチは不甲斐なく彼の期待応えてはくれなかった。そこで、絶望した垣原は自らの耳に針を刺し自分痛めつけると、イチに倒される妄想を見ながら投身自殺するのであった。

殺し屋1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 14:48 UTC 版)

殺し屋1』(ころしやイチ、Ichi the Killer)は、山本英夫による日本漫画作品。または、それを原作に制作された映画OVA作品。それらの主人公の名称。




  1. ^ 待っていた…オマエみたいなスタンプを…「殺し屋1」がLINEスタンプにナタリー
  2. ^ 1巻では東京から自転車で10時間という描写があり、後に具体的に新潟と描かれた。
  3. ^ イチは金子に「城石」と名乗っており、金子も彼の事を「田舎から来た気弱で不器用な青年」という認識でいた様子
  4. ^ 二郎・三郎兄弟の夜の相手をした女性2人(カレン曰く、「普段は政治家の相手をしているホテトル嬢」)に「俺たちのどちらが良かったか?」と行為後に寄った焼肉店で無理やり問い詰めた挙句、女性達が仕方なく二郎や三郎のどちらか一方を答えた所、それに納得がいかず、女性達に理不尽な暴行を加えた(後に垣原が「(女性たちを)使い物にならなくしたらしいな」と話している場面がある)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「殺し屋1」の関連用語

殺し屋1のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



殺し屋1のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殺し屋1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS