テレクラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > テレクラの意味・解説 

テレ‐クラ

テレホンクラブ」の略。


テレクラ

作者八木田

収載図書フーコー短編小説傑作選 5(下)
出版社フーコー
刊行年月2000.9


テレフォンクラブ

(テレクラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 11:01 UTC 版)

テレフォンクラブとは、電話を介して女性との会話を斡旋する店である。通称はテレクラ。基本的には個室で女性から店に電話がかかってくるのを待ち、その女性との会話を楽しむもの[1]。個室にはティッシュペーパーなどが配置されており[1]、テレフォンセックスが行われる場合もある[2]。女性との交渉次第では、機会を改め店の外でデートや性行為を行うことなども可能である[1]


  1. ^ a b c d 永沢 (1997) p.11
  2. ^ a b 永沢 (1997) p.15
  3. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.
  4. ^ 永沢 (1997) p.12
  5. ^ この際外出時間を利用時間に含めない店(タイムキープ制)と、外出時間を利用時間に含める店(こちらが一般的)がある。
  6. ^ ただし店舗によっては再入店を認めないところや、特定のコースでのみ再入店を認めるところがあるので、利用の際は確認が必要。
  7. ^ なお、永沢 (1997) p.11によれば、当時の男性の利用料は800-1500円程度であったらしい。
  8. ^ このため、深夜帯に女性からかかってきた電話についてはツーショットダイヤルに回されている。また深夜帯については、電話機を取り外しレンタルルームとして営業を行っている店舗が多い。


「テレフォンクラブ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テレクラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テレクラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテレフォンクラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS