実状とは? わかりやすく解説

じつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【実情/実状】

読み方:じつじょう

物事実際の事情情況。「被災地の—を調査する

(実情)偽りのない心情真情まごころ。「—を尽くす」


実状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 02:31 UTC 版)

NEET (企業)」の記事における「実状」の解説

会社設立後社内実態はてな匿名ダイアリー暴露された。参加者同士争いイジメ行為なども横行し会社運営失敗しているという内容である。その後社内人格否定などのイジメ行為があったことを代表取締役の若新も認めている。また、一部取締役ニコニコ生放送炎上事件起こすなど問題行動取り沙汰されている。 2016年5月14日行われた臨時株主総会にて第1号議案NEET株式会社解散の件」が提出され解散賛成過半数以上の票を集めるも、決議必要な2/3以上の賛成票集めることができなかったため否決された。また、賛成投票した大多数取締役がこの決議を機に辞任した[要出典]。設立時166名だった取締役大多数辞任ないしは解任され2017年7月現在で残っている取締役設立時の1/3、わずか54名[要出典]である。

※この「実状」の解説は、「NEET (企業)」の解説の一部です。
「実状」を含む「NEET (企業)」の記事については、「NEET (企業)」の概要を参照ください。


実状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 10:11 UTC 版)

バントゥースタン」の記事における「実状」の解説

アフリカ人生まれた土地部族から引き離し政府規準による民族単位再編成するこの制度は、当初から国内外の批判さらされた当人意志にかかわらず住まわせる所をホームランド故国呼ばせるのは欺瞞であるとの立場から括弧付き使ったり軽蔑揶揄をこめた用語である「バントゥースタン」が使われることが多い。 また黒人も、ホームランドが「独立」すれば、南アフリカ国籍市民権失ってしまうことから激しく反発し独立拒否するホームランド相次いだ南アフリカ黒人意識運動の活動家スティーヴ・ビコ1970年代書いた文章で次の事実指摘したバントゥースタンとして指定されている地域は、この国でもっとも開発されておらず農耕にも牧畜にも適していない土地であること。海に面しているバントゥースタンもなく、鉱産物権利南アフリカ政府厳格に保有している。 バントゥースタン認められる実行予算きわめて低く抑えられている。 すべてのバントゥースタンにおける産業の管理成長は、「バントゥー投資公社英語版)」に握られている。この金融機関バントゥースタン経済活性化のための非営利的組織とされているが、野心的なアフリカ人商人実業家搾取している、という評判がある。 バントゥースタン境界地域急成長している産業は、政府補助金を受けて生産物課税免れているのにもかかわらずこれらの工場では都市部で支払われる賃金の約三分の一という低賃金しか支払われていない。そして産業評議会合意効力を持つ地理的範囲からも外れているため、バントゥースタンから出稼ぎに来るアフリカ人労働者は、労働組合を組織することさえできず雇用者のされるままになっていること。 ビコ結論としてバントゥースタン白人政治家これまでに考案した単一の詐欺行為としては最大のものである」と断言したバントゥースタンの「国民議会」の議席多く指名議席であり、その財政4080%を政府からの援助依存していた。1959年段階理論上の「国民」の半分近く白人地域住んでおり、1960年から1983年間にさまざまな法律によって白人地域から強制移住させられ人々の数は350万人にのぼる。

※この「実状」の解説は、「バントゥースタン」の解説の一部です。
「実状」を含む「バントゥースタン」の記事については、「バントゥースタン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実状」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「実状」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

実状のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実状の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNEET (企業) (改訂履歴)、バントゥースタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS