参与とは?

さん‐よ【参与】

[名](スル)

事業・計画などにかかわること。また、その相談を受けること。「開発計画に参与する」

人民自家の権利自覚して自ら国政に—しようというので」〈魯庵社会百面相

学識経験者行政事務参加させる際の職名。「内閣参与」

慶応3年12月9日1868年1月3日)、王政復古の大号令発布の際に置かれた官職総裁議定(ぎじょう)とともに三職の一。明治2年(1869)廃止


参与

読み方:サンヨsanyo

三職の一。事務担当慶応3年設置


参与

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 15:50 UTC 版)

参与(さんよ)とは、事務・職務に参画する意。参預賛与とも。




「参与」の続きの解説一覧

参与

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:27 UTC 版)

名詞

(さんよ)

  1. 重要事業などに関わり合うこと。
  2. 学識経験者行政事務従事させるときの職名
  3. 歴史明治初年中央政府役職名一つで、総裁議定とあわせ三職といったもの。

発音

さ↘んよ

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
参与-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「参与」の関連用語

参与のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



参与のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参与 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの参与 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS