報道しない自由とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 報道しない自由の意味・解説 

報道しない自由

読み方:ほうどうしないじゆう

報道機関自分たちに都合の悪い情報報道しないことを指す俗な言い方ウェブ上でSNSなどを通じて拡散しつつある話題が、大手マスコミ報道規制自粛などを理由にしてテレビ等で報道しない、といった状況揶揄して用いられることが多い。

報道しない自由

読み方:ほうどうしないじゆう

報道機関が、公平な報道という理念立て報道してしかるべきといえる情報を、自らの主義主張そぐわない、あるいは、その報道機関共鳴する組織人物によって都合が悪いといった理由で、報道せずに見過ごす見て見ぬふりをする)というあり方を指す表現いわゆる偏向報道一端

報道しない自由という表現は「報道の自由」をもじった言い回しである。報道の自由freedom of press)は、報道通じて事実伝達する権利であり、国民の「知る権利」や「表現の自由」に照らして自明権利解釈される。

近年新聞テレビといった大手マスコミ報道恣意的な取捨選択経ているのではという疑義少なからず提示されている。オンラインメディアがマスコミ比肩する情報源となり、ソーシャルメディア普及して拡散されやすくなったことも、疑義の声の高まりを後押ししているといえる

報道しない自由は、新聞テレビ報道特定の立場に偏っている(ように思われる)さまを揶揄もしくは非難するキーワードといえるが、ことテレビニュース番組においては放送法第4条における「政治的に公平であること」「意見対立している問題については、できるだけ多く角度から論点明らかにすること」といった規定抵触する(違法行為該当する)という観点から、特に是非が問われる

2015年発足した、識者中心とする任意団体放送法遵守を求める視聴者の会」は、テレビ報道における放送の公平さや事実正確な報道訴えるべく活動している。

関連サイト
放送法遵守を求める視聴者の会

報道しない自由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/10 04:54 UTC 版)

報道しない自由(ほうどうしないじゆう)とは、国民の知る権利のために報道機関が有する報道の自由に対して、時には報道機関が報道しないことによって国民に知らせないことも自由になってしまうという危険性を示す用語である[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 『講座・憲法学』戦後憲法・憲法学と内外の環境 樋口陽一日本評論社 1995年 p185
  2. ^ “【特集】あふれるフェイク、真実はどこ?:「報道しない自由」の壁”. 共同通信社. (2017年7月7日). https://this.kiji.is/255951668345882107 2017年7月20日閲覧。 
  3. ^ 日下公人「新しい日本人が日本と世界を変える」(PHP研究所)
  4. ^ 『最新新聞紙学』杉村廣太郎
  5. ^ 「首相官邸前異状なし、報告すべき件なし」――テレビ報道の劣化 水島朝穂ウェブサイト2012年7月2日
  6. ^ “大学無償化問題を論じる前に持っておくべき問題意識”. ダイヤモンド・オンライン. (2017年7月31日). http://diamond.jp/articles/-/136426 2017年8月6日閲覧。 


「報道しない自由」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「報道しない自由」の関連用語

報道しない自由のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



報道しない自由のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの報道しない自由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS