legendとは?

レジェンド

英語:legend

伝説あるいは伝説人物という意味で用いられる表現昨今日本語表現としては、各界において「この人を抜きにしては語れない」「生き伝説と言い得るような、偉大な功績をあげた人物を指す意味合いで用いられることが多い。

レジェンド(legend)は英語の名詞であり、もともとは古フランス語の「legende」に、さらに根源ラテン語の「legenda」に由来するとされる。英語のlegendも日本語の「レジェンド」と同様の生き伝説」というような意味合いで用いられる場合がある。

日本語では、スポーツ選手に対して栄誉称える意味を込めて「レジェンド」の呼称が用いられることが多い。スキージャンプ選手である葛西紀明は、20年以上という超長期わたってトップレベル現役選手として活躍してきたこともあり、「”レジェンド” こと葛西紀明」というような、二つ名のような用いられ方でレジェンドと呼ばれることが多い。

日本サッカー界では「キングカズ」こと三浦知良が、レジェンドと呼ばれることが多い。角界大相撲)では、齢40を超えてなお現役幕内力士であり続け旭天鵬に「角界のレジェンド」という異名がある。球界では王貞治長嶋茂雄沢村栄治をはじめ、多く選手がレジェンドと呼ばれる柔道世界では山下泰裕いずれも、各分野栄光時代を築いた立役者か、もしくは常識覆すような偉業同業者からも認められているような人物である。

他には図表などに付される凡例説明文を意味する語。「伝説」という意味の「legend」と同じくラテン語の「legenda(読まれるべきもの)」に由来する。

レジェンド

【英】legend

イラスト、図、写真などの下に、それを説明する役割付けられているもの。題や説明文証明文などが書かれる。

<legend> 〜 </legend> 入力フィールドグループキャプション

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
align 位置ラベル対すタイトル位置指定する
  top (上: デフォルト値)
  bottom (下)
  left (左)
  right (右)
accesskey 任意の文字ショートカットキー割り当てる
汎用属性 idclasslangtitlestyle属性など

fieldset要素ラベル付けます。 非視覚系ブラウザ対す配慮となります。

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

レジェンド

レジェンド

  レジェンド
V6 3.5L VTECPGM-FI
車名型式   ホンダ・DBA-KB1
駆動方式   4WD(SH-AWD
トランスミッション   電子制御5速オートマチックSマチック
寸法重量
乗車定員
全長(m) 4.930
全幅(m) 1.845
全高(m) 1.455
ホイールベース(m) 2.800
トレッド(m) 前/後 1.575/1.585
最低地上高(m) 0.145
車両重量kg   1,760
最大車両重量kg) ※1 1,800
乗車定員(名) 5
客室寸法(m) 長さ/幅/高さ 2.025/1.515/1.185(サンルーフ装着車1.160)
エンジン エンジン型式 J35A
エンジン種類シリンダー数および配置 水冷V型6気筒横置
機構 SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 3,471
内径×行程mm 89.0×93.0
圧縮比 11.0
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(L) 73
性能 最高出力kWPS]/rpm)* 221300]/6,200
最大トルクN・mkg・m]/rpm)* 353[36.0]/5,000
燃料消費率km/L10・15モード走行国土交通省審査値) 8.6 ※2
主要燃費向上対策 可変バルブタイミング/ロックアップ機構トルコン/電動パワーステアリング ※3
最小回転半径(m) 5.8
動力伝達
走行装置
変速比 1速2.697/2速1.572/3速1.071/4速0.729/5速0.530/後退1.888
減速比(前/後) 4.375/3.375
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 235/50R17 96V
ブレーキ種類形式前・後 油圧ベンチレーテッドディスク
サスペンション方式 ダブルウイッシュボーン
マルチリンク式
スタビライザー形式前・後 トーション・バー

■※1 メーカーオプション組み合わせ装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください
■※2 アドバンス HIパッケージ装着車は8.5km/L 。アドバンス HIパッケージを除くメーカーオプション装着車は8.2km/L (レザーインテリア単独装着車、アドバンスパッケージ単独装着車、レザーインテリア&アドバンスパッケージ装着車は8.6km/L )。
■※3 電動パワーステアリングは、アドバンス HIパッケージ装着車のみ。
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
■LEGEND、G-CON、HIDSIHCCINTER NAVI SYSTEMLKASPGM-FIVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。
製造事業者本田技研工業株式会社


レジェンド

英語 Legend

レジェンドは英語で伝説を意味する。ホンダ最高級セダンで、1985年11月生まれた。フルドア(プレスドア)をもつ4ドアセダンで、前後フェンダー流行のブリスタータイプ。駆動方式FFで、エンジン新開発V6SOHC・2L(145ps)と2.5L(165ps)を搭載。2Lは5ナンバーサイズだった。

86年10月マイナーチェンジ一部グレード本革シート採用すると同時に、2Lの廉価版Mi追加11月には2.5LのXiにも本革仕様設定した。

87年2月、2ドアハードトップ車を追加した。ホイールベースセダンの2760mmより短い2705で、全長セダン3ナンバー型の4810mmより短い4775mm、全高も20mm低い1370mmだったが、全幅は10mm広い1745mmあった。アウターパネルはすべてクーペ専用で、インテリアには天然素材多用した。エンジンV6SOHC24バルブの2.7Lで180psを発生電子制御デュアルモード・ロックアップ付き4速ATだけの設定だった。リヤサスペンションはダブルウイッシュボーン/コイルで、ABS(当時ホンダ呼称ALB)も標準装備9月セダンエンジンを2.5Lから、ハードトップ・クーペに導入ずみの2.7Lに換装したほか、ATも2ウェイ4速に変更最上級車のエクスクルーシブセダンクーペ設定した。

88年10月セダン中心マイナーチェンジエクステリア豪華になった。V6の2Lエンジン水冷インタークーラー付きターボチャージャー新設定。2L自然吸気残った。リヤサスペンションは、セダンクーペと同じタイプになった。

89年7月トラクションコントロールを2.7Lエクスクルーシブ装備FF車としては初の実用化だった。

90年10月セダンフルモデルチェンジし、2代目に進んだ。ホイールベース2910mm、全長4940mm、全幅1810mm、全高1405mmとなり、大型化をはかった。横置きだったエンジンは縦置き搭載となった。新採用の3.2L・V6エンジンは215psを発揮した。ATは新し電子制御型。運転席SRSエアバッグALB標準となった。ナビゲーション・システム装着目新しかった。

91年1月クーペフルモデルチェンジホイールベースセダンより80mm短い2830mmで、全長も60mm短い4880mmとなり、独自の顔をアピールした。エンジンは2.7Lで性能的にはセダンと同じ。注目点は、ドアが閉じる直前モーターにより強制的に閉じる、アクティブドアロックを採用したことだった。11月セダン助手席SRSエアバッグ装備新規タイプαとβ追加クーペβにも本革シートオプション設定

92年9月マイナーチェンジエクステリアインテリアをリデザインし、ATはプロスマテック進化した。セダンクーペともにαツーリングというタイプ設定V6・3.2Lを高回転タイプにし、235psにパワーアップしたエンジンを載せた。10月発売93年9月セダンに235psエンジンを積んだスポーティグレードのツーリング追加した。

96年2月セダンフルモデルチェンジ、3代目となった。安全面充実主眼改良は、全世界安全基準満たすといわれた。両席SRSエアバッグABSのほか、救急ボックス備えた。エンジンは3.5LにアップV6SOHC24バルブ・215psとなった。縦置き。ユーロというグレードは、ややスポーティ味付けだった。クーペその時点で生産中止となった。

97年10月マイナーチェンジで、トラクションコントロール、オートライトコントロール、後席中央の3点式シートベルトなどを全車に標準装備した。スポーツ指向のユーロ・エクスクルーシブを追加

98年9月一部変更フロントグリル5角形デザイン直しヘッドランプロービームディスチャージ方式改めた。

99年9月エンジンが全タイプLEV仕様となった。ABSTCS、そして旋回時の横滑り制御などをトータルコントロールするVSA(車両挙動安定化システム)を導入した。

2003年6月、全グレードイモビライザーとセキュリティアラームを標準装備した。

レジェンド

レジェンド_2

レジェンド_3

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Legend


伝説

(legend から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 14:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

伝説(でんせつ; 英語: legend; ドイツ語: Legende)は、人物、自然現象[1]等にまつわる、ありきたり日常茶飯事のものではない異常体験を[1]、形式上「事実」[1]として伝えた説話の一種。

一般論

英雄伝説、奇異伝説では、主として不思議な事件を不思議なりに、実在する人物名や地名、事件が起きた時代を交えて「事実」として報告[1][2]する。あるいは、地名遺跡伝説にみられるように、その由緒を説明[1]するのも伝説である。

伝説というものは、特定の地域に密着したものもしばしばで[1]ある。しかし、キリスト教の外伝や聖人伝説など、ひろく信仰ベースで信じられた伝説もあり、内容に特に宗教臭はなく世俗的(英語: secular)であっても、例えばヨーロッパ大陸で広汎的に支持・継承された伝説も存在する。

類似の物語形式のものに昔話があるが、これらは、娯楽(エンターテインメント)目的の創作物として区別することができる、というのが通説である[1]ヤコブ・グリムは『ドイツ伝説集』の序文において、伝説とメルヘンの違いについて「メルヘンはより詩的であり、伝説はより歴史的である」と述べている[2]。 もっとも、日本でも伝説に戯作者などが脚色をおこなっており、ヨーロッパのアーサー王伝説群を例にとっても、後世の物語(ロマンス)作家がこしらえたエピソードも加わり、なかなかそう簡単に割り切ることはできなくなっている。

何をもって「伝説」とするかの定義は、時代によって変遷している。日本国内の「伝説」を語るとき、世界一般的な「伝説」(英語: "legend")との観念のズレが生じることもある。そのような混雑もあるので、末尾に挙げた伝説例のリストなどを参照する方が、むしろその性質や内容を把握しやすい。

例えば第二次世界大戦後の一時期は、口承文学のうち昔話以外のものを「伝説」という分類とする定義が民俗学の方面から提唱された[3](書物の文学として成立したものは、それはもう純粋な伝説の域をはなれて、フィクションになりつつあるとするきらいがあった)。しかしこれはもはや一般通念としては通じなくなっている。グローバル化された現在社会においては、「伝説」が "legend" の対訳語であることは一般知識として浸透しており、これには文字による文学も多く含まれることが認識として定着しているのである。よって、往時の民俗学者のいうような特殊な定義での「伝説」を指す場合、あえて「民間伝説」などと言葉を添えて説明する必要があろう(#日本の民俗学での伝説の定義参照)。

また、伝説的英雄譚と神話との線引きについてが厄介な場合もあるが、これについては#神話との区別の節に後述する。

日本の民俗学での伝説の定義

民俗学研究においては、便宜上、柳田國男の提唱により伝承文芸(口承文学)の収集例のうち昔話でないものを「伝説」とする定義がされた[3]

この分野の黎明期には、昔話系も伝説系も、同様に[3]、「民話」(本来は "folk tale" の訳語[3])ないし「民譚」として扱われていたが、各地の口承文学の採集作業が進むにつれ、その区別や定義が鮮明になってきた。柳田らは、「民話」という外来訳語を排して、純国産の「昔話」という用語のみを使うことを期したのである[4]

また、これを受けて、日本国内の人文学界では、大戦後の一時期に、「民話」すなわちイコール「民間説話」であり、広く民間伝承の文学一般をさすことばという新解釈をし、そのなかに「伝説」も包容されるもの[3]、とかなり強引な枠はめをこころみた。

民俗学解釈

以下、日本で収集された昔話以外の口承文学(伝承文芸)という意味での「伝説」、つまり「民間伝説」を対象とする。

伝承文芸は無文字時代から存在し、一般に、昔話・民間伝説・世間話などの民話、新語作成、新文句(新句法)、、謎、唱え言、童言葉、民謡、語り物などに分類される。

このうち、昔話には、発端句(「むかし」を含むものが多い)と結句(「どっとはらい」など)に代表される決まり文句がある。また、固有名詞を示さず、描写も最小限度にとどめ、話の信憑性に関する責任を回避した形で語られる。時代や場所をはっきり示さず、登場人物の名前も「」「」や、出生・身体の特徴をもとにした普通名詞的である。「桃太郎」は、「桃から生まれた長男」の意味しか持たない。

民間伝説は、同じ昔の話であっても、一定の土地の地名や年代など、その所在や時代背景が具体的に示され、登場人物も歴史上の有名な人物やその土地の何と言う人物など、好んで詳細に示そうとし、定義において昔話との大きな相違点とされる。これらの事から、伝説には伝記風の態度と要素があるが、昔話はフィクション(創作)として語られている。しかし一部の土地では「炭焼き長者」や「子育て幽霊」などといった昔話が伝説化し、定着している例も挙げられる。

世間話は体験談や実話として語られる民話である。

昔話、民間伝説、世間話の違いを表にすると以下のとおりとなる。

種類 語られる人物・時・場所 語られ方 語り・話のかたち
昔話 不特定 事実かどうかわからない(おそらく事実ではない) あり
民間伝説 特定 少しは事実かもしれない(少しは信じてほしい) なし
世間話 特定 事実である(信じてほしい) なし

神話との区別

神話はその国の由来などを説き、より広い世界を語る点で、実在の人物の行状について語る伝説とは区別されるが、場合によってはその区別が困難になる。登場人物が全くの架空であるのか、ある程度の裏付けのあるものかの区別がつかない場合があるからである。

日本神話については、『日本書紀』で「神代」に属する巻の物語(国産みや天の岩戸)は、明確に神話とできようが、歴代天皇紀の始めのころの巻のものは(ヤマトタケル伝説など)、神話と伝説の区別はむつかしい。

また、日本以外の外国の観念からすれば、天神サマや、弁財天など、神仏に関する民間信仰も、"Japanese mythology" とみなされ、日本神話といえばたいがい記紀につたわる伝承であるのがあたりまえな日本とは事情がことなることを念頭におく必要があろう。[要出典]

フィンランド民族叙事詩である『カレワラ』では、主人公格のワイナミョイネンらについて、神であるのか古代の英雄であるのかという議論がある。

主な伝説

インカの主な伝説

  • チンカナ伝説

ヨーロッパの主な伝説

日本の主な伝説

主に『古事記』や『日本書紀』に繋がる伝説が多く、似たような伝説が複数の地域に伝わっている。また、ヤマトタケル等、同一人物を複数の地域で形を変えて伝わっている物も多い。

英雄伝説

聖者伝説

異界伝説

由来伝説

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 平凡社 1964『世界百科事典』第15巻、804–6頁。 関敬吾「伝説(でんせつ)」の項。
  2. ^ a b 溝井裕一 大野寿子(編)「メルヒェンと伝説、その驚きの世界観」『グリムへの扉』勉誠出版 2015 ISBN 9784585290933 pp.181-188.
  3. ^ a b c d e 平凡社 1964『世界百科事典』第21巻、492頁。益田勝実「民話(みんわ)」の項。「柳田国男の提唱により、便宜上.. 伝説でない方は.. 昔話」;「大戦後、.. 民間説話(民話)ということばが、.. 広く伝説、昔話、世間話、歴史説話などの総称として民謡と相対する概念となった
  4. ^ 柳田國男 1983, p. 175『日本の昔話』「昭和三十五年版の序」・柳田國男 1960[要ページ番号]それで西洋..で民話または民間説話と訳してもよい名を使い出しても、おつきあいにその迹(あと)を追う気にはならない。..ミンワとは何ですかと問うような人たちが(民話の知識が豊富であるのである)

参考文献

  • 平凡社編 『世界百科事典』 (初版)、1964年。 
  • 柳田國男『日本の昔話』角川書店〈角川文庫, 553〉、1960年。NCID BN11408096
  • 柳田國男『日本の昔話』新潮社〈新潮文庫, 3043, 草-47-3, や-15-3〉、1983年。ISBN 9784101047034

関連項目


レジェンド

(legend から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 14:41 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

レジェンド (英語: legend)。フランス語のレジャンド (légende) から。

原義

派生

表題

人物

商標

フィクション




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「legend」の関連用語

legendのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



legendのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2019 banban@scollabo.com
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝説 (改訂履歴)、レジェンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS