燃油サーチャージとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > サーチャージ > 燃油サーチャージの意味・解説 

ねんゆ‐サーチャージ【燃油サーチャージ】


燃油サーチャージ

燃油サーチャージ 世界的な原油価格の高騰背景航空機燃料価格急上昇してます。通常乗客負担する燃油価格航空運賃のなかに含まれますが、変動が激しい場合航空会社自助努力では値上がり分を吸収できません。そこで航空会社が国許可を得て緊急避難的乗客負担してもらう追加運賃のことを燃油サーチャージといいます
 1991年湾岸戦争以降燃油価格不安定さ増し、そのあおりを受け倒産する航空会社出ました1996年から変動がさらに激しくなり、国際航空運送協会IATA)は、1997年国際貨物に対する燃油サーチャージの導入認可します。日本では2001年から貨物2005年から旅客対象導入始まりました
 燃油サーチャージは原則として四半期ごとに見直されます。申請日直近3カ月間のシンガポールケロシン(ジェット燃料)の市況価格平均基準行われますその間航空会社燃油価格変動しても燃油サーチャージを変更できません。またシンガポールケロシンの市況価格が3カ月間平均して1バレルあたりの一定額下回った場合、燃油サーチャージは廃止になります
 導入当初旅行者混乱きたしたこともありました。旅行会社発行するパンフレットは文字小さくてわかりにくかったり、説明が不十分だったりしたからです。このため料金支払う段になって燃油サーチャージが含まれていることに気づいた旅行者から旅行会社苦情寄せられるケース少なくありませんでした
 国土交通省2008年6月30日旅行会社に通達を出しました。それによると燃油サーチャージは旅行代金含めることを原則とするものの、引き上げ恒常化していることなどに配慮し当分の間、燃油サーチャージを別途徴収できるとしました。ただし、広告際は旅行代金近接した見やすい所に燃油サーチャージを別途表示して旅行者誤解与えないようにするなど、いくつか条件設けてます。
 同一路線でも航空会社によって燃油サーチャージは異な場合があるため、旅行客注意が必要です。航空会社を選ぶ際は燃油サーチャージについてもあらかじめ調査比較した方がよさそうです


(掲載日:2008/08/21)

燃油サーチャージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 02:20 UTC 版)

燃油サーチャージ(ねんゆサーチャージ)とは、燃料とする石油ケロシン軽油重油など)の価格に追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。名称としては、燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金、燃料加算金、燃料課徴金、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージ(英語: Fuel Surcharge[1]などとも呼ばれる。




「燃油サーチャージ」の続きの解説一覧

「燃油サーチャージ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



燃油サーチャージと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「燃油サーチャージ」の関連用語

燃油サーチャージのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燃油サーチャージのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2022 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃油サーチャージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS