押さえるとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > パラグライダー用語 > 押さえるの意味・解説 

おさ・える おさへる [3] [2] 【押(さ)える・抑える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 おさ・ふ
〔「押す」に継続助動詞「ふ」の付いた語〕
力をある部分加えて,その状態を持続する。 《押》
物に力や重み加えて,動かないようにする。 「ドアを手で-・える」 「文鎮半紙を-・える」 「髪を-・える」
体の一部に手などをあてる。 「目頭めがしらを-・える」 「耳を-・える」
傷口痛む所に手や物をあてがう。 「傷口ガーゼで-・える」
動作現象実現さまたげる。
動きが起ころうとするのを,何らかの手段で,未然にあるいは途中でとどめる。 「ライバル会社進出を-・える」 「記事を-・える」
スポーツ試合で,相手活躍するのをとどめる。 「強敵を-・えて優勝する」 「相手を0点に-・える」
度をこさないようにする。適当な範囲にあるようにする。 「出費を-・える」 「量産値段を-・える」 「甘みを-・えた上品な味」
感情が外に表れそうなのを,こらえる。 「うれしさを-・え切れないようす」 「怒りを-・える」
支配下管轄かんかつ下に置く。 《押》
自由に活動できないようにする。 「上司に頭を-・えられる」
自分支配下に置いて他の者をさえぎる。 「担保物件を-・える」 「帰り切符は-・えてある」 「自動車市場は二社が-・えている」
重要な点を確実に認識理解する。 《押》 「要点を-・える」 「勘所かんどころを-・える」 「犯行現場を-・える」
和船で,船首を右に向ける。 《押》 ↔ 控え
下手に見る。 「当山末寺ありながら…と-・へて書く条奇怪なり/平家 4
そうとする杯を受けないで,もう一度飲ませる。 「一度一度に-・へて酒ぶりかたし/浮世草子一代男 3」 〔中世末期から近世ヤ行にも活用した。「涙ヲ-・ユル日葡」〕


押さえる(おさえる)

機体運動抑える際の具体操作方法描写した言い方
機体ライズアップした時、ブレークコードをそのままニュートラルな状態にしておくと、キャノピーパイロット本人よりも先行して潰れてしまう。
これの対応としてキャノピー頭上に上がった時、もしくはキャノピー頭上越えよう(先行しよう)とする運動があるとき、適当な量でブレークコードを引かなければならない
この時の操作は引くと言うよりむしろ胸付近で「押さえる」と言った方が感覚的にあっており、この方法を説明する際に、「ブレークコードを押さえる。」と言う表現が使われている。
飛行時にピッチングが起こった時など、そのピッチング運動打ち消す為の操作同じくこの表現が使われる。

押さえる

出典:『Wiktionary』 (2017/12/20 06:00 UTC 版)

漢字混じり表記

さえる(おさえる)

  1. おさえる 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「押さえる」の関連用語

押さえるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



押さえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2020 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの押さえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS