カルルクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > カルルクの意味・解説 

カルルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 22:44 UTC 版)

カルルク古代テュルク語Old turkic letter OQ.pngOld turkic letter L1.pngOld turkic letter R1.pngOld turkic letter Q.png[1]、Qarluq)とは、7世紀から12世紀にわたってジュンガル盆地イリ地方に存在したテュルク系遊牧民。中国史書では歌邏禄葛邏禄葛禄と記し、ペルシャ語ではخَلُّخ (Khallokh)、アラブ語では قارلوق (Qarluq)と記された。




  1. ^ 右から左へ読む。
  2. ^ 史料によっては左廂と右廂が逆の場合がある。いずれにせよ唐がカルルクをアルタイ山脈の西からウテュケン山ハンガイ山脈)に移住させたのは、薛延陀部の南下を防ぐ目的があったためと思われる。
  3. ^ 小松久男『中央アジア史』p163
  4. ^ バルハシ湖東南のコパル地方(タルディ・クルガン市の東)にあたる。


「カルルク」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルルク」の関連用語

カルルクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルルクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルルク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS