耶律大石とは?

やりつ‐たいせき【耶律大石】

[?〜1143カラキタイ西遼)の初代皇帝在位1132〜1143。字(あざな)は重徳廟号(びょうごう)は徳宗。遼の王族出身。遼が金の攻撃を受けると外モンゴル逃れ、のち西進して制圧1132年カラハン朝倒しフスオルダベラサグン)で即位。さらに東西トルキスタン制圧


やりつ‐だいせき【耶律大石】

中央アジア西遼カラ‐キタイ)国の初代皇帝在位一一三二‐四三)。廟号徳宗耶律阿保機(やりつあぼき)の八代の孫。遼国滅亡トルキスタンウイグル族征服し、ベラサグン即位し、そこをフスオルダと改称して都に定めた。(一〇八七‐一一四三


耶律大石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 06:00 UTC 版)

耶律 大石[1](やりつ たいせき、契丹音:ヤルート・タイシ)は、西遼(カラ・キタイ)の初代皇帝(グル・ハン)。


  1. ^ 洪皓『松漠紀聞』では、「達実」と記されている(原文「達實(大石)、深入沙子、立天祚之子梁王為帝、而相之 」※梁王とは、天祚帝の次男の梁王耶律雅里のこと)。
  2. ^ 遼史
  3. ^ 藤枝晃「西遼」『アジア歴史事典』5巻収録(平凡社, 1960年)、208-209頁
  4. ^ 劉祁『北使記』によると、大石は阿骨打から妻を賜ったと記されている(ただし、この女性が塔不煙(タプイェン)なのかどうかは不詳)。
  5. ^ 『松漠紀聞』によると、大石の先妻はすでに何者かによって、5人の子と共に射殺されたという(原文「則棄其妻、携五子、宵遁 」)。


「耶律大石」の続きの解説一覧



耶律大石と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「耶律大石」の関連用語

耶律大石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



耶律大石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの耶律大石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS