カラハン朝とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > カラハン朝の意味・解説 

カラハン ちょう -てう 【カラハン朝】 〔Qara Khān〕

中央アジアトルコ系イスラム王朝940頃~1132)。999年サーマーン朝を滅ぼして最盛となる。その後パミール東西分裂し、西遼いりよう)に滅ぼされた。イリクハン朝。カラカン朝

カラハン朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/24 04:20 UTC 版)

カラハン朝(カラハンちょう、ペルシア語 : قراخانيان Qarākhānīyān)は、かつて中央アジアに存在したイスラム王朝。中央アジアのテュルク(トルコ)系の遊牧民族の中で最初にイスラーム化した集団と考えられている[1]




  1. ^ a b c d e 濱田「カラハン朝」『中央ユーラシアを知る事典』、147頁
  2. ^ 伊原、梅村『宋と中央ユーラシア』、325頁
  3. ^ a b 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、87頁
  4. ^ a b c 梅村「中央アジアのトルコ化」『中央アジア史』、81頁
  5. ^ 梅村「中央アジアのトルコ化」『中央アジア史』、79頁
  6. ^ a b 山田「トルキスタンの成立」『北アジア遊牧民族史研究』、206頁
  7. ^ a b 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、100頁
  8. ^ a b c 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、163頁
  9. ^ a b 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、55頁
  10. ^ 山田『草原とオアシス』、126頁
  11. ^ 山田「トルキスタンの成立」『北アジア遊牧民族史研究』、206-207頁
  12. ^ 山田『草原とオアシス』、142-143頁
  13. ^ 山田『草原とオアシス』、144頁
  14. ^ a b 山田「トルキスタンの成立」『北アジア遊牧民族史研究』、207頁
  15. ^ a b c 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、56頁
  16. ^ 山田「トルキスタンの成立」『北アジア遊牧民族史研究』、206,208頁
  17. ^ a b 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、86頁
  18. ^ a b c 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、57頁
  19. ^ a b c 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、58頁
  20. ^ a b 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、59頁
  21. ^ 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、164-165頁
  22. ^ バルトリド『中央アジア史概説』、55頁
  23. ^ a b c 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、60頁
  24. ^ 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、61頁
  25. ^ a b c d 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、62頁
  26. ^ 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、60,62頁
  27. ^ a b グルセ『アジア遊牧民族史』上、230頁
  28. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』上、231頁
  29. ^ 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、165頁
  30. ^ 梅村「中央アジアのトルコ化」『中央アジア史』、80-81頁
  31. ^ a b c バルトリド『中央アジア史概説』、56頁
  32. ^ a b グルセ『アジア遊牧民族史』上、233頁
  33. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』上、233-234頁
  34. ^ a b c Davidovich, E. A. (1998), “Chapter 6 The Karakhanids”, in Asimov, M.S.; Bosworth, C.E., History of Civilisations of Central Asia, 4 part I, UNESCO Publishing, pp. 119–144, ISBN 92-3-103467-7 
  35. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』上、251-252頁
  36. ^ a b バルトリド『中央アジア史概説』、62頁
  37. ^ 井谷「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、112-113頁
  38. ^ 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、172頁
  39. ^ グルセ『アジア遊牧民族史』上、370-371頁
  40. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、147頁
  41. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、156頁
  42. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、157-158頁
  43. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、158-159頁
  44. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、158頁
  45. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』1巻、325頁
  46. ^ バルトリド『トルキスタン文化史』1巻、187-188頁
  47. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、101頁
  48. ^ ソビエト科学アカデミー編『世界史』中世3普及版(江口朴郎、野原四郎、林基監訳, 東京図書, 1963年4月)、695頁
  49. ^ a b 濱田『中央アジアのイスラーム』、42頁
  50. ^ a b 濱田『中央アジアのイスラーム』、43頁
  51. ^ 濱田『中央アジアのイスラーム』、43-44頁
  52. ^ バルトリド『トルキスタン文化史』1巻、192-193頁
  53. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、100-101頁
  54. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、101頁
  55. ^ バルトリド『中央アジア史概説』、57頁
  56. ^ 伊原、梅村『宋と中央ユーラシア』、326頁
  57. ^ 伊原、梅村『宋と中央ユーラシア』、325-326頁
  58. ^ 山田『草原とオアシス』、145頁
  59. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、105頁
  60. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、102-105頁
  61. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、103-104頁
  62. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、104-105頁
  63. ^ a b 濱田「サトゥク・ボグラ・ハン」『中央ユーラシアを知る事典』、214頁
  64. ^ Svatopluk Soucek (2000). “Chapter 5 - The Qarakhanids”. A history of Inner Asia. Cambridge University Press. ISBN 0-521-65704-0. 
  65. ^ Sinor, D. (1998), “Chapter 11 - The Kitan and the Kara Kitay”, in Asimov, M.S.; Bosworth, C.E., History of Civilisations of Central Asia, 4 part I, UNESCO Publishing, ISBN 92-3-103467-7 
  66. ^ 間野「中央アジアのイスラーム化」『中央アジア史』、98頁
  67. ^ 間野「トルコ化・イスラーム化時代の中央アジアの社会と文化1」『中央アジア史』、96頁
  68. ^ バルトリド『中央アジア史概説』、53-54頁
  69. ^ 濱田『中央アジアのイスラーム』、38-39頁
  70. ^ 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、167-168頁
  71. ^ 濱田「中央ユーラシアの「イスラーム化」と「テュルク化」」『中央ユーラシア史』、168頁
  72. ^ バルトリド『トルキスタン文化史』1巻、184頁
  73. ^ a b 堀川徹「カラーン・ミナレット」『中央ユーラシアを知る事典』収録(平凡社, 2005年4月)、147-148頁
  74. ^ バルトリド『トルキスタン文化史』1巻、184-185頁
  75. ^ バルトリド『トルキスタン文化史』1巻、182,185頁
  76. ^ 丸山「カラハン王朝と新疆へのイスラム教の流入」『文教大学国際学部紀要』18巻2号、63頁


「カラハン朝」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラハン朝」の関連用語

カラハン朝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カラハン朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラハン朝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS