康居とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 遊牧民 > 康居の意味・解説 

康居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/16 08:24 UTC 版)

康居呉音:こうこ、漢音:こうきょ、拼音:Kāngjū)は、かつて中央アジアに在ったとされる遊牧国家大宛の西北に在り、シル川の中・下流からシベリア南部を領していたと思われ、現在のカザフスタン南部にあたる。


  1. ^ 史記』(大宛列伝)、『漢書』(西域伝)
  2. ^ 後漢書』(西域伝)
  3. ^ 三国志』(裴注魏略』西戎伝)、『晋書』(四夷伝)、『魏書』(列伝第九十)、『北史』(列伝第八十五)
  4. ^ 旧唐書』(列伝第一百四十四下、列伝第一百四十八)、『新唐書』(列伝第一百四十下、列伝第一百四十六下)
  5. ^ 白鳥 1970,p59、岩村 2007
  6. ^ 『晋書』(四夷伝)
  7. ^ 『漢書』西域伝
  8. ^ 『漢書』西域伝


「康居」の続きの解説一覧



康居と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「康居」の関連用語

康居のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



康居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの康居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS