後唐とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 後唐の意味・解説 

こう とう -たう 【後唐】

中国五代の一。突厥とつけつ出身李存勗りそんきよく)が後梁こうりよう)を倒して建てた中原王朝923936)。都は洛陽重臣石敬瑭せきけいとう)に滅ぼされた。

ご とう -たう 【後唐】

こうとう(後唐)

後唐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 07:47 UTC 版)

後唐(こうとう、923年[1] - 936年[2])は、中国の王朝で、五代の一つである[3]李淵の後継者を自認して国号をとした[1]ので、区別するため後唐と呼び習わす[4]。都は洛陽[1]




注釈

  1. ^ 後唐以前の木版印刷は仏教関係および暦などに限られていた[11]

出典



「後唐」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後唐」の関連用語

後唐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後唐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後唐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS