ハチ公物語とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ハチ公物語の意味・解説 

ハチ公物語

原題:
製作国:日本
製作年:1987
配給:松竹富士
スタッフ
監督:神山征二郎 コウヤマセイジロウ
製作:奥山和由 オクヤマカズヨシ
プロデューサー:鍋島壽夫 ナベシマトシオ

進藤淳一 シンドウジュンイチ
原作:新藤兼人 シンドウカネト
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:姫田真佐久 ヒメダシンサク
音楽:林哲司 ハヤシテツジ
主題曲:林哲司 ハヤシテツジ
美術:西岡善信 ニシオカヨシノブ
編集:近藤光雄 コンドウミツオ
録音:紅谷愃一 ベニタニケンイチ
スクリプター:宮忠臣 
スチール:赤井博且 アカイヒロカツ
助監督:中島俊彦 ナカジマトシヒコ
照明:佐藤幸郎 
キャスト(役名
仲代達矢 ナカダイタツヤ (上野次郎
八千草薫 ヤチグサカオル (上野静子)
石野真子 イシノマコ (上野千鶴子
柳葉敏郎 ヤナギバトシロウ (森山積)
尾美としのり オミトシノリ (尾形才吉)
春川ますみ ハルカワマスミ (お吉
殿山泰司 トノヤマタイジ (橋本八百
加藤嘉 カトウヨシ (近藤
井川比佐志 イガワヒサシ (前川
山本圭 ヤマモトケイ (芹沢道郎)
山城新伍 ヤマシロシンゴ (留さん)
浦辺粂子 ウラベクメコ (煙草屋内儀さん)
高橋長英 タカハシチョウエイ (間瀬課長
石倉三郎 イシクラサブロウ (町田巡査
岸部シロー(岸部四郎) キシベシロー(キシベシロウ) (焼鳥屋の客)
片桐はいり カタギリハイリ (女中およし)
三木のり平 ミキノリヘイ (旅館主人
菅井きん スガイキン (旅館のおかみ)
加藤登紀子 カトウトキコ (たみ子)
泉谷しげる イズミヤシゲル (安井小荷物係)
長門裕之 ナガトヒロユキ (さん)
田村高廣 タムラタカヒロ (古川駅長)
解説
飼主大学教授亡くなってからも、渋谷駅で主人待ち続け忠犬ハチ実話を基に人間と動物交流を描く。原作脚本は「映画女優」の新藤兼人監督は「旅路 村でいちばんの首吊りの木」の神山征二郎撮影は「きみが輝くとき」の姫田真佐久それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
秋田県大館近藤家の紙屋では、牝犬アカが4匹の仔犬出産した。数少ない粋な秋田犬誕生報告が、県庁土木課長間瀬元に届けられ、間瀬そのうち一匹プレゼントすると東京大学教授上野次郎宅へ知らせた。電話を受けた一人娘千鶴子は大喜び彼女はさっそく温泉に行っている両親電話をするが、二人共難色示した。昔飼っていた犬の死以来生き物を飼うことに反対だったのだ。だが、飼いたいという千鶴子に押し切られてしまう。秋田犬到着する日、千鶴子は外務省勤務婚約者森山デートに出かけ、やむなく犬嫌い書生・才吉が江戸っ子植木屋さんに頼んで一縮渋谷駅出迎えた。到着した仔犬は死んだようにグッたりとしていたが、上野家に連れ帰り教授女中のおよしにミルクを持ってこさせ鼻先に置くと、元気よく起きあがった仔犬の面倒は自分で見ると約束していた千鶴子は、いつの間に妊娠し、あわただし結婚式挙げる上野家を出ていった結局仔犬世話教授が見る羽目になり、彼はハチと名を付けた。三ヵ月が過ぎ、ハチイタズラ盛り。人には人格が、には格があると言う教授は、ハチ自由奔放生き方をさせた。いつからか教授渋谷駅まで送り迎えするのがハチ日課となっていた。雨の日雪の日送り迎えするハチの姿を、交番町田巡査屋台焼き鳥屋の留さん、たみ子夫婦、古川駅長たちが暖い眼でみていた。そんなハチ健気さが教授には可愛くてたまらない。千鶴子と森山が孫を連れて来ても、ハチノミ取り精出す始末ある朝教授駅まで送って戻ったハチ急に悲しげな声で吠え始めた。その同時刻、教授脳溢血倒れ帰らぬ人となっていた。上野家売りに出され、静子は千鶴子の家へ身を寄せることになった。ハチ浅草土建業者・橋本引き取られるが、何度となく抜け出し渋谷の元の家を訪れのだった野良犬と化したハチ見てさんが自分の家に連れ帰る。まもなく、森山ロンドン転勤となり、静子は和歌山実家に帰った。突然、さんが亡くなり、ハチには寝ぐらも身寄りもなくなってしまった。毎日午後時半になると渋谷駅教授帰りを待つハチ。そんなハチのことが新聞に載った。それを見た静子がハチ訪ねてくるが、ハチは彼女の前から姿を消す昭和10年3月8日の中でハチ教授待ちながら13年生涯を閉じた。

ハチ公物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 06:43 UTC 版)

ハチ公物語』は、1987年に公開された映画作品。


  1. ^ 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2000年11月5日朝日新聞朝刊「ビジネス戦記」より
  3. ^ ハチ公ハリウッド映画に 来夏日本公開 読売新聞、2008年12月19日
  4. ^ a b c d 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 是が非でも成功してほしい、夏の『ハチ公物語』。」『キネマ旬報』1987年5月下旬号、キネマ旬報社、 167頁。
  5. ^ “マツコが忘れられないドラマのラスト”に騒然”. エキサイトニュース. 2019年3月24日閲覧。


「ハチ公物語」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハチ公物語」の関連用語

ハチ公物語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハチ公物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハチ公物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS