色葉字類抄とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 学術書籍 > 日本の辞典 > 色葉字類抄の意味・解説 

いろはじるいしょう〔いろはジルイセウ〕【色葉字類抄】

平安時代国語辞書。2巻または3巻。忠兼(たちばなただかね)著。天養元年治承5年(1144〜81)ごろに成立平安末期国語を頭音によっていろは47部に分け漢字とその用法とを簡単に記す。「伊呂波字類抄」は増補された10巻本をさし、鎌倉時代成立


いろはじるいしょう いろはジルイセウ 【色葉字類抄・伊呂波字類抄】

平安時代辞書。二巻本三巻本を色葉字類抄、十巻本伊呂波字類抄表記しわけている。忠兼著。最も古い体裁と見られる巻本原本は伝わっていない三巻本治承一一七七‐八一)の頃増補、十巻本鎌倉時代大増補による。単語を頭音によりいろは四七篇に分類し、当てうる漢字をあげ、各篇の内を天象、地儀、植物など二一部門分け三巻本ではさらに、各部門の和訓には天躰、歳時などを註し、字音語には天部、地部等、さらに時節分、年月分などを註し、語によりその意味・性質簡略に示す。また、字音語和訓に施された声点アクセント資料となる。国語を主としたわが国最初の書くためのいろは引き辞書


色葉字類抄

読み方:イロハジルイショウ(irohajiruishou)

平安時代末期辞書


色葉字類抄〈上下(中欠)/〉

主名称: 色葉字類抄〈上下(中欠)/〉
指定番号 237
枝番 00
指定年月日 1933.01.23(昭和8.01.23)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2冊
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

色葉字類抄

読み方:イロハジルイショウ(irohajiruishou)

分野 辞書

年代 平安後期

作者 忠兼〔編〕


色葉字類抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 03:36 UTC 版)

色葉字類抄(いろはじるいしょう)は、平安時代末期に成立した古辞書。橘忠兼編。三巻本のほか二巻本の系統もあり、また十巻本『伊呂波字類抄』もある。






「色葉字類抄」の続きの解説一覧



色葉字類抄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「色葉字類抄」の関連用語

色葉字類抄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



色葉字類抄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色葉字類抄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS