mittとは?

Mitt

名前 ミット

ミット (曖昧さ回避)

(mitt から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/08/27 02:07 UTC 版)

ミット(ミトン)
ミット打ち

ミット (mitt)

装具・用具
  • ミット (mitt) は親指だけが独立していて他の4本の指が一つに収められている手袋のこと。ミトン (mitten) とも。
  • 野球ソフトボールグラブのうち、捕手一塁手が使用するより捕球に適した形状のもの。ミットを参照。
  • ボクシングキックボクシングなどの打撃系格闘技の練習で使用する、選手の打撃を受けるための用具。パンチングミット(ボクシングミット)、キックミットなどがある。ミットを使用する練習のことを特に「ミット打ち」という。
人名
その他

ミット

(mitt から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 07:50 UTC 版)

ミットとボール

ミット (mitt) とは野球ソフトボールの守備で用いられる捕球用防具でグラブ(グローブ)の一種。

英語では、"mitt"は"mitten"とほぼ同義だが、野球用語としては「ミット (mitt) 」が主として使われる。

概要

野球では、捕手(キャッチャー)が用いるキャッチャーミット、一塁手(ファースト、ファーストベースマン)が用いるファーストミットとがある。

キャッチャーミットは、投手の投球を捕球するのに適した形状をしていて、全体的に丸みを帯び、端が厚めにできていて、親指部分は独立してはいるが、形状的にはグローブのように突出してはおらず、突き指を防ぐ形状。

ファーストミットは、自ら相手打者の打球を捕球処理する以上に、他の内野手からの投球を正確により早く捕球するために、他の野手のグローブよりもかなり長く大きめに作られている。

ソフトボールでは、キャッチャーミットとファーストミットが兼用であることが多い。

規則

公認野球規則において捕手と一塁手のみ、ミットに関する規定が定められているものの[1]、それ以外のポジションにおいてミットの使用を禁止する項目は特になく、そもそもグローブとミットを区別できる定義すらされていない(バットボールなどは細かく定義されている)。このことから、各協会において規則の補足が無い限り、グローブの規定に順ずるものであれば一塁手以外の野手が使用することも可能である(実際に、親指側がグローブに比べて広く出来ている「サードミット」を作っているメーカーも存在する)。 また、サイズ等の規定さえクリアすれば捕手がファーストミット、一塁手がキャッチャーミットを使用することも可能(もちろんグローブも使用可能)で、実際にナックルボーラーのティム・ウェイクフィールドとバッテリーを組んだ捕手がファーストミットを使用したこともある。 ただし、通常ミットはグローブの規定を超えるサイズのもの、キャッチャーミットはファーストミットの規定を超えるサイズのものが一般的である。 また、安全上の観点から特に捕手はミットの使用が推奨され、リトルリーグでは捕手はキャッチャーミット以外の使用は認められていない。

ソフトボールではグローブは全てのポジションで使用可能だがミットの使用は一塁手と捕手にしか認められていない。

出典

  1. ^ 捕手は公認野球規則 3.04 捕手のミット、一塁手は公認野球規則 3.05 一塁手のグラブで規定されている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「mitt」の関連用語

mittのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



mittのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミット (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ミット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS