薬物 薬物の概要

薬物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 03:21 UTC 版)

コーヒーやその他の飲料に含まれるカフェインは、世界で最も広く使われている向精神薬である[1]北米成人の90%がこの物質を日常的に摂取している[2]
約90%のアセチルサリチル酸と、少量の不活性充填剤および結合剤から構成されるアスピリン素錠(未コーティングの錠剤)。アスピリンは、痛み発熱炎症の治療によく用いられる医薬品である。

薬理学で「薬物」とは、生体に投与されると生物学的な効果をもたらす化学物質を指し、一般にその構造はわかっている[5]。「医薬品」(medication)とは、「薬剤」または「薬」とも呼ばれ、薬物治療治癒予防診断、あるいは健康の促進のために使用される化学物質である[3]。伝統的に薬物は薬用植物から抽出し入手していたが、最近では有機合成によっても得られるようになった[6]。医薬品は、限られた期間で使用する場合と、慢性疾患に対して定期的に使用する場合がある[7]

多くの医薬品は、薬物分類英語版で分類される。それは、化学構造が類似しており、同じ作用機序(同じ生物学的標的への結合)を持ち、関連する作用機構(細胞レベルの機能・細胞学的な変化)を持ち、同じ疾患の治療に使用される関連医薬品のグループである[8][9]。最も広く使用されている医薬品分類システムである解剖治療化学分類法(ATC)では、医薬品に固有の英数字からなるATCコードを割り当て、ATCシステム内の特定の薬物分類に割り当てている。もう一つの主要な分類システムは、生物薬剤学分類英語版(BCS)である。これは、溶解性と浸透性または吸収英語版性に基づいて薬剤を分類するものである[10]

向精神薬とは、中枢神経系の機能に影響を与え、知覚気分、または意識を変化させる化学物質である[11]。これらの薬物は、興奮剤抑制剤抗うつ薬抗不安薬抗精神病薬幻覚剤のような異なるグループに分けられる。これらの向精神薬は、精神障害を含む幅広い医学的症状の治療に有用であることが世界中で証明されている。世界で最も広く使用されている薬物は、カフェインニコチンアルコール英語版などで[12]、これらは薬用ではなく娯楽目的で使用されるため、レクリエーショナルドラッグ英語版(娯楽用薬物)とも見なされている[13]。すべての薬物には、潜在的な副作用がある[14]。いくつかの向精神薬の乱用は、嗜癖(しへき、依存症)や身体的依存を引き起こす可能性がある[15]。興奮剤の過用は、精神刺激薬精神病を引き起こす可能性がある。多くのレクリエーショナルドラッグは違法であり、それらの禁止英語版を目的とした「麻薬に関する単一条約」などの国際条約が存在する。


  1. ^ Geoffrey Burchfield (1997年). “What's your poison: caffeine”. Australian Broadcasting Corporation. オリジナルの2009年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090726194701/http://www.abc.net.au/quantum/poison/caffeine/caffeine.htm# 2014年1月15日閲覧。 
  2. ^ Richard Lovett (2005年9月24日). “Coffee: The demon drink?”. 2014年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  3. ^ a b "Drug". Dictionary.com Unabridged. v 1.1. Random House. 20 September 2007. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。Dictionary.comより。
  4. ^ Drug Definition”. Stedman's Medical Dictionary. 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  5. ^ H.P., Rang; M.M, Dale; J.M., Ritter; R.J., Flower; G., Henderson (2011). “What is Pharmacology”. Rang & Dale's pharmacology (7th ed.). Edinburgh: Churchill Livingstone. p. 1. ISBN 978-0-7020-3471-8. "a drug can be defined as a chemical substance of known structure, other than a nutrient of an essential dietary ingredient, which, when administered to a living organism, produces a biological effect" 
  6. ^ “Discovery and resupply of pharmacologically active plant-derived natural products: A review”. Biotechnol Adv 33 (8): 1582–614. (December 2015). doi:10.1016/j.biotechadv.2015.08.001. PMC 4748402. PMID 26281720. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4748402/. 
  7. ^ "Drug". The American Heritage Science Dictionary. Houghton Mifflin Company. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。dictionary.comより2007年9月20日閲覧
  8. ^ “Comparing drug classification systems”. AMIA Annual Symposium Proceedings: 1039. (6 November 2008). PMID 18999016. 
  9. ^ World Health Organization (2003). Introduction to drug utilization research. Geneva: World Health Organization. p. 33. ISBN 978-92-4-156234-8. オリジナルの2016-01-22時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160122115651/http://apps.who.int/medicinedocs/pdf/s4876e/s4876e.pdf 
  10. ^ Bergström, CA; Andersson, SB; Fagerberg, JH; Ragnarsson, G; Lindahl, A (16 June 2014). “Is the full potential of the biopharmaceutics classification system reached?”. European Journal of Pharmaceutical Sciences 57: 224–31. doi:10.1016/j.ejps.2013.09.010. PMID 24075971. 
  11. ^ An overview of alcohol and other drug issues”. 2015年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月16日閲覧。
  12. ^ Crocq MA (June 2003). “Alcohol, nicotine, caffeine, and mental disorders”. Dialogues Clin. Neurosci. 5 (2): 175–185. PMC 3181622. PMID 22033899. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3181622/. 
  13. ^ Recreational Drug”. The Free Dictionary. 2015年3月16日閲覧。
  14. ^ "MHRA Side Effects of Medicines." Archived 2014-05-02 at the Wayback Machine. MHRA Side Effects of Medicines,
  15. ^ Fox, Thomas Peter; Oliver, Govind; Ellis, Sophie Marie (2013). “The Destructive Capacity of Drug Abuse: An Overview Exploring the Harmful Potential of Drug Abuse Both to the Individual and to Society”. ISRN Addiction 2013: 450348. doi:10.1155/2013/450348. PMC 4392977. PMID 25938116. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4392977/. 
  16. ^ Harper, Douglas. "drug". Online Etymology Dictionary.
  17. ^ Tupper KW (2012). “Psychoactive substances and the English language: "Drugs," discourses, and public policy.”. Contemporary Drug Problems 39 (3): 461–492. doi:10.1177/009145091203900306. 
  18. ^ About Registration: Medicines and Prescribing”. Health and Care Professions Council. 2016年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月22日閲覧。
  19. ^ Glossary of MHRA terms – P”. U.K. Medicines and Healthcare products Regulatory Agency. 2008年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月5日閲覧。
  20. ^ "Generic Drugs", Center for Drug Evaluation and Research, U.S. Food and Drug Administration”. Fda.gov. 2017年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月11日閲覧。
  21. ^ Entheogen, [dictionary.com], オリジナルの2012-02-13時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120213200629/http://dictionary.reference.com/browse/entheogen 2012年3月13日閲覧。 
  22. ^ Valdés, Díaz & Paul 1983, p. 287.
  23. ^ Sobiecki, Jean-Francois (July 2012). “Psychoactive Spiritual Medicines and Healing Dynamics in the Initiation Process of Southern Bantu Diviners”. Journal of Psychoactive Drugs 44 (3): 216–223. doi:10.1080/02791072.2012.703101. PMID 23061321. 
  24. ^ “Prehistoric peyote use: alkaloid analysis and radiocarbon dating of archaeological specimens of Lophophora from Texas”. J Ethnopharmacol 101 (1–3): 238–42. (October 2005). doi:10.1016/j.jep.2005.04.022. PMID 15990261. 
  25. ^ A Brief History of the San Pedro Cactus”. Mescaline.com. 2016年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月11日閲覧。
  26. ^ Terry M (2013). “Lophophora williamsii”. IUCN Red List of Threatened Species 2013. doi:10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T151962A581420.en. https://www.iucnredlist.org/species/151962/581420 2018年10月29日閲覧。. 
  27. ^ Bloomquist, Edward (1971). Marijuana: The Second Trip. California: Glencoe 
  28. ^ Souza, Rafael Sampaio Octaviano de; Albuquerque, Ulysses Paulino de; Monteiro, Júlio Marcelino; Amorim, Elba Lúcia Cavalcanti de (October 2008). “Jurema-Preta (Mimosa tenuiflora [Willd.] Poir.): a review of its traditional use, phytochemistry and pharmacology”. Brazilian Archives of Biology and Technology 51 (5): 937–947. doi:10.1590/S1516-89132008000500010. 
  29. ^ a b Abelman, D (6 October 2017). “Mitigating risks of students use of study drugs through understanding motivations for use and applying harm reduction theory: a literature review”. Harm Reduct J 14 (1): 68. doi:10.1186/s12954-017-0194-6. PMC 5639593. PMID 28985738. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5639593/. 
  30. ^ a b Smith, M; Farah, M (September 2011). “Are prescription stimulants "smart pills"? The epidemiology and cognitive neuroscience of prescription stimulant use by normal healthy individuals.”. Psychol. Bull. 137 (5): 717–41. doi:10.1037/a0023825. PMC 3591814. PMID 21859174. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3591814/. 
  31. ^ Sharma, R. “Ritalin lung”. Radiopedia.org. 2019年7月1日閲覧。
  32. ^ Discovery And Synthesis Of LSD: What You Probably Did Not Know About It - Chemistry Hall” (2017年6月13日). 2017年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月13日閲覧。
  33. ^ “Impact of the emergence of designer drugs upon sports doping testing”. Bioanalysis 4 (1): 71–88. (2012). doi:10.4155/bio.11.291. PMID 22191595. 
  34. ^ Lingeman. Drugs from A–Z: A Dictionary. Penguin. ISBN 978-0-7139-0136-8 
  35. ^ DrugFacts: Hallucinogens - LSD, Peyote, Psilocybin, and PCP”. National Institute on Drug Abuse (2014年12月). 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  36. ^ World Drug Report 2012”. UNODC. pp. 69 (2012年). 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月9日閲覧。
  37. ^ Al-Mugahed, Leen (2008). “Khat Chewing in Yemen: Turning over a New Leaf: Khat Chewing Is on the Rise in Yemen, Raising Concerns about the Health and Social Consequences”. Bulletin of the World Health Organization 86 (10): 741–2. doi:10.2471/BLT.08.011008. PMC 2649518. PMID 18949206. オリジナルの10 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160310045753/https://www.questia.com/library/journal/1G1-188738635/khat-chewing-in-yemen-turning-over-a-new-leaf-khat 2016年1月22日閲覧。. 
  38. ^ The administration of medicines”. Nursing Times. EMAP Publishing Limited (2007年11月19日). 2010年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月11日閲覧。
  39. ^ Animal Food & Feeds”. Fda.gov. 2015年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  40. ^ Narcotics Control Bureau” (2009年4月10日). 2009年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月12日閲覧。






薬物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬物」の関連用語

薬物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS