疑心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 疑心の意味・解説 

疑心

読み方:ぎしん

疑うこと。疑いの心。「疑心暗鬼」は、疑いを抱くことが物事対す恐れ気持ち生む、といった意味の表現

ぎ‐しん【疑心】

うたがう心。うたがい。「疑心がつのる」「疑心を抱く」

仏語根本煩悩の一。仏教真理に対して、まどいうたがう心。疑(ぎ)。


疑心

作者阿部和

収載図書暮れなずむ空の彼方に
出版社近代文芸社
刊行年月2002.3


疑心

作者谷口雅宣

収載図書神を演じる人々
出版社日本教文社
刊行年月2003.11


疑心

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:55 UTC 版)

名詞

ぎしん

  1. 疑う疑い
  2. 仏教用語根本煩悩のひとつ。仏教真理に対して疑いの心をもつこと。



疑心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疑心」の関連用語

疑心のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



疑心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの疑心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS