奏とは?

そう【奏】

天子申し上げること。また、その文書。「遺令(いりょう)の奏」


そう【奏】

[音]ソウ(漢) [訓]かなでる もうす

学習漢字6年

意見まとめて差し出す。君主申し上げる。「奏上奏請奏聞(そうもん)/直奏(じきそう)・執奏上奏伝奏(てんそう)・内奏

楽器かなでる。「奏楽演奏合奏間奏吹奏前奏弾奏独奏伴奏

成果を得る。「奏功奏効

名のり]かな


かなで【奏】

〔名〕 (動詞かなでる(奏)」の連用形名詞化音楽を奏し、舞を舞うこと。

宇治拾遺(1221頃)一「さもめづらしからんかなでを見ばや」


そう【奏】

〔名〕

天皇申し上げること。また、その公文書太政官から申し上げ勅裁を仰ぐには、事の大小により、論奏式奏事式・便奏式三種があり、その書式公式令規定されていた。また、のちには個人から奉るものもあった。

令義解718)公式「奉勑依奏。若更有勑語付者、各随状付云々

落窪(10C後)四「早うさるべき様にそうを奉らせよ」〔蔡邕‐独断

音楽かなでること。


そう‐・す【奏】

〔他サ変〕 ⇒そうする(奏)


そう‐・する【奏】

〔他サ変〕 [文]そう・す 〔他サ変

天皇、または上皇法皇申しあげる。朝廷奏上する。特に天皇申し上げ場合用いて、「啓する」と区別する。

*竹取(9C末‐10C初)「かかれば心ばせ世の人に似ず侍る奏せさす

今昔1120頃か)一一文部の屋野と云ふ人有り、此事を天皇に奏する、天皇、敢て不信給は(しんじたまはず)」

音楽かなでる舞楽をする。演奏する。

新儀式(963頃)四「三献之後、日行公卿楽、楽所西門、奏乱声三度、訖奏参入音声〈略〉舞訖、奏罷出音声退出

平家13C前)一「文人詩を奉り、伶人楽を奏して遷幸なし奉る

③ (「結果奏す」「功を奏す」の形で用い成果功績もたらすなしとげる。うまくしとげる

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「及能く真正志気あるものは、極大功績を奏する(〈注〉シアゲルことなり


かな・ず かなづ 【奏】

自他下二〕 ⇒かなでる(奏)


かな・でる【奏・乙】

1 〔自ダ下一〕 [文]かな・づ 〔自ダ下二〕 舞をまう。舞って手を動かす

古事記(712)下「爾に其の大前小前宿禰、手を挙げ膝を打ち、儛(ま)ひ訶那伝(カナデ)〈訶より下の三字は音を以ゐよ〉歌ひ参来(まゐき)つ」

堀河百首(1105‐06頃)冬「広前(ひろまへ)の庭火の光あきらけくかなづる袖を見るぞ嬉しき〈隆源〉」

2 〔他ダ下一〕 [文]かな・づ 〔他ダ下二

① 鞭(むち)などを振る。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

② 琴などの弦楽器を弾く。音楽奏する。〔書言字考節用集(1717)〕

邪宗門(1909)〈北原白秋魔睡秋の瞳「やはらかに葬送(はうむり)のうれひかなでて、過ぎゆきし Trombone(トロムボオン)いづちいにけむ」

音楽奏するように、さまざまな情趣様相表現する。

俳句世界(1954)〈山本健吉〉四「挙句(あげく)(最後の句)に至るまでの間に、場面情趣豊かな変化を奏(カナ)でて行く」


読み方:ソウsou

太政官天皇奏上する文書


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 08:15 UTC 版)

(かなで)




「奏」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/08/13 12:18 UTC 版)

発音


熟語

手書きの字形について

第6画は右から左に払って「夭」のように書いても、左から右に横に引いて「天」のように書いてもよい。[1]


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奏」の関連用語

奏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS