店晒しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 店晒しの意味・解説 

たな ざらし [0][3] 【店し・店し】

商品売れずに長い間店頭に置かれたままになっていること。また、その商品。 「 -の品」 「十九世紀売れ残つて、二十世紀で-に逢ふと云ふ相だ/吾輩は猫である 漱石
解決要する問題が、全然手をつけられずに放置されていること。 「 -になっている案件

たな晒し

読み方:たなざらし
別表記:店晒し

売れ残り商品店頭長いこと置かれたままになっているさま。転じて長期わたって着手検討されずにいる問題などを指すこともある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「店晒し」の関連用語

店晒しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



店晒しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS