リンパ節転移とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 転移 > リンパ節転移の意味・解説 

リンパ節転移(りんぱせつてんい)

がん細胞は、発生した部位から周囲組織浸潤し、増殖し、リンパ液血液流れに乗っていく性質を持っています。リンパ節転移とは、がんがリンパ管を介して転移していくことで、リンパ節硬く腫れぐりぐり作ります。
乳がん場合は、まず、多く脇の下リンパ節腋窩リンパ節)に転移見られます。乳管中に発生したがん細胞大きくなるにつれてリンパ流に乗ってリンパ節へと移行し、そこに着床してリンパ節転移となります。リンパ節への転移有無は、乳がん性質、及びその後経過推測するうえで最も重要な情報(予後因子)の1つであり、術後補助療法決めるうえでも重要な判断材料となります。

予後因子リンパ節郭清リンパ節郭清レベル病理リンパ管侵襲


リンパ節転移






リンパ節転移と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リンパ節転移」の関連用語

リンパ節転移のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

リヤパーセルシェルフ

赤城山丸

加藤石

Explorer Sport Trac

ワラビ

大型貨物自動車等通行止め

T-7

カフェ・オ・レ・ボウル





リンパ節転移のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2017 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
大腸.com大腸.com
Copyright (C) 大腸.com. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS