ようぞんさんそとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酸素 > ようぞんさんその意味・解説 

ようぞん さんそ [5] 【溶存酸素】

水中溶解している分子状の酸素略記 DO その量は,水質汚濁を示す尺度一つで,ふつう清浄河川では七~一〇 ppm である。空気中から溶け込むほか,水中植物光合成によって供給され,水中生物呼吸や,有機物存在によって消費される。 → COD ABC 略語 BOD ABC 略語

溶存酸素(DO) (ようぞんさんそ)

 水中に溶けている酸素を示す。溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど濃度は低くなる。1気圧20度での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類著しく繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン等が発生し、悪臭原因となる。

ようぞんさんそ 溶存酸素 dissolved oxygen

「DO」と略称する水中溶解している酸素のこと。溶解する量は気圧水温塩分などにより影響される。酸素量ppmで表す。汚染度の高い水中では酸素消費する有機物のため酸素の溶存が減少する。水質汚濁指標一つとなる。しかしボイラ鋼管などに対して金属腐食する原因となる。

溶存酸素

読み方:ようぞんさんそ
別名:でぃーおー
【英】:DO,dissolved oxygen

水中に溶けている酸素溶存酸素量は、汚染度の高い水中では、消費される酸素の量が多いため少なくなる。また、水温が高いほど、気圧が低いほど、また、塩分濃度が高いほど低くなる。1気圧20での純水溶存酸素量は約9mg/lである。きれいな水ほど酸素多く含まれる藻類繁殖するときには炭酸同化作用が活発になって過飽和となる。溶存酸素が不足すると魚介類生存を脅かすほか、嫌気性となって硫化水素メタン発生し、悪臭原因となる。

溶存酸素(ようぞんさんそ)

に溶けている酸素(さんそ)のことをいいます。酸素私たち生きるために大切なものです。私たち人間空気中の酸素呼吸して体に取り込んでいますが、海水中の動物プランクトンも、私たちのように呼吸こきゅう)して酸素取り込んでいます。水中動物たちは、酸素が溶けていないと、生きて行くことができません。水中酸素水面からも溶け込みますが、海の浅い場所では、植物しょくぶつプランクトン太陽光力を借りて酸素作ります。酸素は、海水温度が低いほど、たくさん海水に溶けます。南極の海には植物プランクトン多く水温も低いので、海水に溶けている酸素(溶存酸素)が多くなり、動物プランクトンたちが元気に呼吸できます



ようぞんさんそと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ようぞんさんそ」の関連用語

ようぞんさんそのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ようぞんさんそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS