鳥取砂丘とは?

とっとりさきゅう -きう 【鳥取砂丘】

鳥取県東部千代せんだい)川河口東西発達する海岸砂丘群。福部浜坂湖山こやま)の三大砂丘がある。中国山地から流下した日本海漂砂北西季節風によって吹き寄せられて形成された被覆砂丘

鳥取砂丘

名称: 鳥取砂丘
ふりがな とっとりさきゅう
種別 天然記念物
種別2:
都道府県 鳥取県
市区町村 鳥取市浜坂福部
管理団体
指定年月日 1955.02.03(昭和30.02.03)
指定基準 地9,植5
特別指定年月日
追加指定年月日 昭和53.07.07
解説文: 鳥取市北方日本海岸にあり、東西10キロメートル南北キロメートルに及ぶ。中国山脈構成する花崗岩分解して千代川等により日本海流し出された細砂東北強風により打上げられ堆積したものである。丘面には常には常に風漣を生じ、殊にまれに見る大規模スリバチ生ずる等海岸砂丘の諸現象に富み、わが国砂丘のうち最も雄大規模有する
又、コウボウムギハイネズなどの大群落があって砂丘植物の典型的自生地としての価値極めて大きい。
S53-06-043鳥取砂丘.txt: 砂丘113ヘクタール昭和30年2月3日天然記念物指定されているが、その西側接す地域32.2ヘクタール追加指定砂丘保存を図るものである

鳥取砂丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/18 05:04 UTC 版)

座標: 北緯35度32分33秒 東経134度13分49秒


  1. ^ 鳥取県観光連盟 - とっとり旅の生情報 鳥取砂丘
  2. ^ 国内視察スポット(関連サイト・情報とイメージ)/鳥取県 外務省
  3. ^ “鳥取砂丘の「オアシス」、巨大化 初めてボートで測量”. 朝日新聞. (2017年3月11日). http://www.asahi.com/articles/ASK397FVMK39PUUB00G.html?iref=comtop_8_05 
  4. ^ a b c d e f g h 大槻恭一, 岡田周平, 神近牧男 ほか、「鳥取砂丘の開発と保全」『農業土木学会誌』 1999年 67巻 12号 p.1315-1320_1,a1, doi:10.11408/jjsidre1965.67.12_1315
  5. ^ 法律第十二号(昭二八・三・一六 - 衆議院、2018年11月閲覧
  6. ^ 鳥取砂丘が道路「侵食」…砂防林枯れて砂が飛散 読売新聞 2014年12月5日
  7. ^ 日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例”. 鳥取県生活環境部公園自然課. 2011年12月10日閲覧。
  8. ^ 鳥取砂丘:保全条例施行5年 落書き1217件 砂の持ち帰り、違法行為も 毎日新聞 2014年6月4日
  9. ^ 鳥取砂丘人骨は江戸~明治の男女=海難事故で埋葬か、鑑定で謎解明-県警”. 時事ドットコム (2011年8月2日). 2011年12月10日閲覧。
  10. ^ 鳥取砂丘人骨ミステリー 明治に流行したコレラか 47NEWS
  11. ^ 鳥取県立公文書館 (2016年5月). “鳥取県略年表 明治元年-平成27年”. 2017年10月29日閲覧。
  12. ^ 7千メートル光のタワー 鳥取砂丘、10月末から 日本海新聞
  13. ^ 「生態系や景観が壊れる」 鳥取市、砂丘の光のツリー計画を中止 産経新聞


「鳥取砂丘」の続きの解説一覧



鳥取砂丘と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥取砂丘」の関連用語

鳥取砂丘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥取砂丘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥取砂丘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS